• トップ
  • リリース
  • サンコー・コミュニケーションズ株式会社、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用

プレスリリース

サンコー・コミュニケーションズ株式会社、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用

(DreamNews) 2019年12月11日(水)17時00分配信 DreamNews



株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、サンコー・コミュニケーションズ株式会社(熊本県熊本市 代表取締役会長 住永豊武、以下サンコー・コミュニケーションズ)がオロのクラウドERP「ZAC Enterprise」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。


サンコー・コミュニケーションズは「熊本を売ろう!!」をテーマに掲げる広告代理店で、自然環境・農業・観光など熊本の良さを内外に伝えています。熊本県の行政機関や観光関係団体などをクライアントとして広告事業・イベント事業を中心に行っています。

同社は独自開発のシステムで販売管理を行っていましたが、保守人員の不足によりメンテナンスを行えず老朽化が進んでいたためリプレイスを検討。ZAC Enterpriseの選定にあたっては広告代理業への豊富な導入実績や、媒体管理をはじめとする業務フローとシステムフローのマッチ度の高さ、またクラウド型である点が評価されました。

ZAC Enterpriseの導入によって広告媒体別の売上管理が実現するほか、販売管理・購買管理
の一元化で案件別の粗利が見える化します。さらに媒体管理など広告代理店特有の業務管理
がシステム化されることで、業務効率化を図ります。

■「ZAC Enterprise」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1. 広告代理業への豊富な導入実績
2. 業務システムで販売管理・購買管理の一元化できる点
3. クラウド型システムのためシステム保守の必要がなくなる点

------------------------------------------------------
【ZAC Enterpriseについて】
https://www.oro.com/zac/

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/casestudy/index.html
-------------------------------------------------------


オロは今後も広告代理業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:西村
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る