• トップ
  • リリース
  • 日本ブランドアソシエイツ、グローバルブランディングを効率よく支援する知財サービスを2019年12月9日より本格開始。

プレスリリース

日本ブランドアソシエイツ株式会社

日本ブランドアソシエイツ、グローバルブランディングを効率よく支援する知財サービスを2019年12月9日より本格開始。

(DreamNews) 2019年12月06日(金)09時00分配信 DreamNews

日本ブランドアソシエイツは、先進的な「商標調査・出願登録及び管理、知財コンサルティング」を進めているCotobox社&はつな知財事務所及び北京青松知識産権代理事務所(Green Tree IP Law Firm)と知財サービスの業務提携し、ブランディングを効率よく支援する知財サービス(https://www.brandassociates.jp/trademark)を12月9日より本格的に開始します。グローバルビジネスにおいて、日本企業がより良い条件でグローバルブランディングができるよう、本知財サービスを活用して日本企業のグローバルブランディングを支援していきます。

企業のブランドコンサルティングを手掛ける日本ブランドアソシエイツ(東京都港区、豊隅優CEO、https://www.brandassociates.jp/)は、先進的な「商標調査・出願登録及び管理、知財コンサルティング」を進めているCotobox社&はつな知財事務所及び北京青松知識産権代理事務所と知財サービスの業務提携し、ブランディングを効率よく支援する知財サービス(https://www.brandassociates.jp/trademark)を12月9日より本格的に開始します。Cotobox社&はつな知財事務所は、独自に開発したAIによる商標調査及び商標マネジメントシステムを活用し、大企業やグローバル企業からスタートアップやスモールビジネスまで、すでに2,000件以上の商標出願実績があります。オンライン商標出願システムによりスピーディーで、リーズナブルな料金を実現したことで、スタートアップやスモールビジネスまでのブランディングを効率よく支援することが可能になります。また、中国の北京青松知識産権代理事務所は、2010年に北京で設立された新しい知財事務所ですが、すでに中国及び海外で2,000社以上の顧客がいます。中国で商標や中国語ネーミングの問題を抱えている日本企業は多く、例えば、著作権などの知財として権利化することで、中国におけるブランディングを効率よく支援することが可能になります。

日本ブランドアソシエイツの豊隅優CEOは、世界に通用する技術でモノづくりをしている日本企業は多いが、グローバルビジネスにおいて成功している日本企業は限られる。その理由として、ビジネスの成功を導く上で重要なグローバルブランドを確立していないことが考えられる。そのためには、ブランディングを効率よく進めるための知財の権利化は不可欠である。AIによるオンライン商標調査やオンライン商標出願システムによりスピーディーで、リーズナブルな料金を実現したことで、ブランディングを効率よく支援することが可能になる。また、最も商標登録が難しい中国で商標や中国語ネーミングの問題を抱えている日本企業は多く、例えば、著作権などの知財として権利化することで、ブランディングを効率よく支援することが可能になる。

日本ブランドアソシエイツは、30年に及ぶ豊富なブランドコンサルティング経験を活かし、ブランディングから知財サービスまで幅広い分野で新たなサービスを強化していく。





推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る