• トップ
  • リリース
  • 画像処理とAIを融合した最新のイメージングAI技術を紹介 12月6日、「GPU2019」において講演と製品展示

プレスリリース

株式会社モルフォ

画像処理とAIを融合した最新のイメージングAI技術を紹介 12月6日、「GPU2019」において講演と製品展示

(DreamNews) 2019年11月26日(火)10時00分配信 DreamNews

【概要】
 株式会社モルフォ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平賀 督基、以下 モルフォ)は、2019年12月6日(金)にベルサール東京日本橋で開催される、GDEPソリューションズ株式会社主催「GPU Computing Workshop for Advanced Manufacturing 2019(以下 GPU2019)」のゴールドスポンサーとして参加し、講演と製品展示を行います。

 GPU2019のテクニカルセッション 1では、モルフォのCTO室リサーチャー黒田康浩(理学博士)がオーガナイザーとなり、「画像処理とAIの融合」に焦点をあて、最新の技術動向やベンチャー企業等による研究開発・産業応用の具体例などを紹介するとともに、今後、イメージングAI技術が社会に貢献できる可能性やそのインパクト、今後の課題について考察します。
 また、このテクニカルセッション内にて、モルフォ社員が「ロボティクスの可能性を広げるイメージングAI」と題して講演します。近年、エッジデバイスの処理速度向上やセンサーなどの価格低下にともない、小規模でもロボット開発を行える土壌が整ってきています。本セッションでは、3次元測定ができるDepthカメラとロボットハンドで柔軟な物体を扱うタスクを例として、画像認識と測距に関する技術を実用化する上での課題と、イメージングAI技術による解決策を紹介します。

 また、当イベント内でモルフォの画像処理技術とAI技術を融合した、最新のイメージングAI製品を展示する予定です。

<講演詳細>
「テクニカルセッション1-4:ロボティクスの可能性を広げるイメージングAI」
講演者:株式会社モルフォ CTO室 松尾 恒、富田 望
講演時間:15時25分〜15時55分

【GPU Computing Workshop for Advanced Manufacturing 2019について】
 GPU2019では、AIをビジネスに活用したいと考えている方を対象に「AIビジネスを成功させる秘訣とGPUがもたらす効果」をテーマに、ディープラーニングセッションが行われます。また、新企画であるテクニカルセッションでは、進歩が著しい「画像処理とAIの融合」、「GPUスパコン」の2つのテーマに焦点を当て、ソフトウェア開発者に向けて、最先端の技術トピックスが紹介されます。

開催日:2019年12月6日(金)10時〜18時(受付9時30分〜)
会場:ベルサール東京日本橋(東京日本橋タワー)
参加費:無料(事前登録制)
公式サイト:https://www.gdep-sol.co.jp/gpu2019.html

【株式会社モルフォについて】
 モルフォは、「画像処理技術/AI(人工知能)技術」の研究開発主導型企業です。高度な「画像処理技術」を組み込みソフトウェアとして、国内外のスマートフォン市場、放送局やポストプロダクションを中心にグローバルに展開しています。また、カメラが捉えた画像情報をデバイスやクラウドに集約し解析する、AIを駆使した「画像認識技術」を、車載機器からファクトリーオートメーション、医療分野へ提供するなど、様々なイノベーションを先進のイメージング・テクノロジーで実現しています。

所 在 地:東京都千代田区西神田3丁目8番1号 千代田ファーストビル東館12階
代 表 者:代表取締役社長 平賀 督基(まさき)、【博士(理学)】
設  立:2004年5月26日
資 本 金:1,772,928千円(2019年5月31日現在)
事業内容:画像処理技術の研究開発および製品開発ならびにライセンシング
ホームページ:http://www.morphoinc.com/
Facebook:https://www.facebook.com/morphoinc

【お問合せ先】
株式会社モルフォ 広報担当 大野
TEL:03-6673-4332 (受付:平日10時〜18時)
お問い合わせフォーム: http://www.morphoinc.com/contact

*モルフォ、Morphoおよびモルフォロゴは株式会社モルフォの登録商標または商標です。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る