• トップ
  • リリース
  • マーケットリサーチセンター、「血管損傷治療の世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートを販売開始

プレスリリース

株式会社マーケットリサーチセンター

マーケットリサーチセンター、「血管損傷治療の世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートを販売開始

(DreamNews) 2019年11月22日(金)13時00分配信 DreamNews

2019年11月22日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「血管損傷治療の世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」レポートの販売を開始いたしました。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:血管損傷治療の世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測
■英文タイトル:Vascular Injury Treatment Market (Injury: Spasm, Thrombosis, Contusion/Intimal Flap, Laceration/Transection, Arteriovenous (AV) Fistula, Aneurysm & Pseudoaneurysm, and Others; Treatment: Lateral Arteriorrhaphy/ Venorrhaphy, Patch Angioplasty, Bypass Graft, Extraanatomic Bypass, Thrombectomy, and Others; End User: Hospitals, Ambulatory Surgical Centers, and Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast 2019 - 2027
■発刊日:2019年10月22日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本資料は、血管損傷治療の世界市場について調べ、血管損傷治療の世界市場規模、市場動向、市場シェア、市場環境、市場予測、傷害別(けいれん、血栓症、挫傷/内膜皮弁、裂傷/離断、動静脈(AV)瘻孔、動脈瘤および偽動脈瘤、およびその他)分析、治療別(側方後方/静脈瘤、パッチ血管形成術、バイパス移植、解剖学的バイパス、血栓切除、およびその他)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、その他)分析、関連企業情報などをまとめました。

・血管損傷治療の市場概要
・血管損傷治療の市場動向
・血管損傷治療の世界市場規模・予測
・血管損傷治療市場:傷害別(けいれん、血栓症、挫傷/内膜皮弁、裂傷/離断、動静脈(AV)瘻孔、動脈瘤および偽動脈瘤、およびその他)
・血管損傷治療市場:治療別(側方後方/静脈瘤、パッチ血管形成術、バイパス移植、解剖学的バイパス、血栓切除、およびその他)
・血管損傷治療市場:治療別(側方後方/静脈瘤、パッチ血管形成術、バイパス移植、解剖学的バイパス、血栓切除、およびその他)
・地域別分析(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)
・競争環境・関連企業分析

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tpm-nv056-vascular-injury-treatment-market-injury

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンターはTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンター概要
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
主な事業内容:市場調査レポート販売、産業調査資料販売、市場調査サービス提供
主な得意先:上場企業、研究機関、各産業の代表企業など
ウェブサイト:https://www.marketresearch.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る