• トップ
  • リリース
  • シュナイダーエレクトリック、サーバーラック「NetShelter SX」シリーズからエッジ環境向け小型サーバーラック12Uと18Uを発売

プレスリリース

シュナイダーエレクトリック

シュナイダーエレクトリック、サーバーラック「NetShelter SX」シリーズからエッジ環境向け小型サーバーラック12Uと18Uを発売

(DreamNews) 2019年11月21日(木)11時00分配信 DreamNews

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、サーバーラック「NetShelter SX」(ネットシェルター エスエックス)シリーズから「エッジ」環境向けに12U*、および、18Uサイズの小型サーバーラックを発売します。受注開始は、11月22日を予定しています。
*Unitの略 ラックへの収納・取り付けの高さを表す単位。1U=1.75インチ。

デジタルデバイスやIoTの活用拡大により膨大なデータが日々生成されています。通信遅延を防いだり、データ保護の規制を遵守するために、これまでデータが処理されていたデータセンターやクラウドではなく、データが発生する場所であるオフィスや工場、商業施設など、ネットワークの端である「エッジ」と呼ばれる場所でデータを処理する「エッジコンピューティング」が注目され需要増加が見込まれています。

この度発売する12Uと18Uのサーバーラックは、スペースが限られている「エッジ」環境でも設置できる小型のラックです。
「エッジ」は、IT専用のスペースではありませんが、データセンターやサーバールームのような高い安全性やセキュリティ、安定的なシステム運用が求められます。
本製品は、弊社の電源保護製品であるUPS(無停電電源装置)、物理セキュリティと環境監視をおこなう「NetBotz」(ネットボッツ)や、クラウドベースのITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxure IT Expert」(エコストラクチャー アイティ エキスパート)を組み合わせることにより、可用性を高めるだけでなく遠隔地やIT管理者が常駐していないエッジ環境でもITインフラ設備を監視・保護することができ、安心して運用することができます。

データセンターやサーバールームで多く使われているサーバーラック「NetShelter SX」と同じ形状・操作性を有しているため、現在販売しているケーブルマネジメントやブランクパネルなど様々なNetShelterシリーズ用アクセサリーの使用が可能です。



(写真:NetShelter SX 12U にUPSやNetBotzを搭載したイメージ)


〇製品情報
・AR3003
ラックユニット:12U
幅:600mm
奥行:900mm
高さ:658mm
重量:54Kg
標準価格(税別):\121,000

・AR3006
ラックユニット:18U
幅:600mm
奥行:900mm
高さ:925mm
重量:67Kg
標準価格(税別):\150,000

・AR3103
ラックユニット:12U
幅:600mm
奥行:1070mm
高さ:658mm
重量:59Kg
標準価格(税別):\134,000

・AR3106
ラックユニット:18U
幅:600mm
奥行:1070mm
高さ:925mm
重量:72Kg
標準価格(税別):\166,000

〇シュナイダーエレクトリックのエッジコンピューティングソリューション
https://www.apc.com/jp/ja/solutions/business-solutions/edge-computing/index.jsp

〇製品カタログURL
http://catalog.clubapc.jp/pdf/rack/netshelter_sx_12u&18u.pdf

〇製品についてのお問い合わせ先
カスタマーケアセンター TEL:0570-056-800


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る