• トップ
  • リリース
  • 伝説を築いた音楽プロデューサー酒井政利と 歌謡界の怪物と呼ばれた作詞家・作家の阿久悠 巨匠ふたりの時代が織りなす ジュークボックスミュージカル映画の制作決定!

プレスリリース

株式会社タニプロモーション

伝説を築いた音楽プロデューサー酒井政利と 歌謡界の怪物と呼ばれた作詞家・作家の阿久悠 巨匠ふたりの時代が織りなす ジュークボックスミュージカル映画の制作決定!

(DreamNews) 2019年11月05日(火)18時00分配信 DreamNews

「アイドルの仕掛け人」と呼ばれた伝説の音楽プロデューサー酒井政利と、「歌謡界の怪物」と呼ばれた作詞家、作家の阿久悠。日本を代表する音楽家のおふたりですが、日本の音楽の黄金時代を築き、現在のJ―POPを作った立役者といっても過言ではありません。山口百恵、ピンク・レディー、沢田研二、郷ひろみetc、70年代のスターの楽曲は今でも若者に人気です。そんな彼らが築いた70年代音楽シーンを映画化、日本初の本格的なジュークボックスミュージカル映画として制作します。
タイトルは「アイドル創世記」。2021年公開予定です。







総合プロデューサーは、エンターテインメントグループBOYS AND MENの生みの親であり、株式会社フォーチュンエンターテイメント兼タニプロモーションの代表取締役である谷口誠治です。
なお、既存のヒット曲を使ったジュークボックスミュージカル作品で代表的なものは、海外では「ムーラン・ルージュ」や「マンマ・ミーア!」、近年では「ボヘミアン・ラプソディ」が挙げられます。
 日本の70年代もそれら作品同様に、音楽の賞や売上枚数が今よりももっと権威を誇り、人々はそれを認めて、栄光を掴むことに熱狂していた時代。ドキドキするストーリーとキャッチーなヒット曲はマッチ、高揚感で溢れます。ふたりがよきライバルとして、アイドル誕生、楽曲作り、レコードの売上、賞取りレースなどを繰り広げる物語風は、必見です。ぜひ宜しくお願い申し上げます。


情報解禁:2019年11月5日
クレジット表記:ジュークボックスミュージカル映画
タイトル:「アイドル創世記」
公開表記: 2021年

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る