• トップ
  • リリース
  • 日本初上陸!!南オーストラリア州からクラフトジンを造るネバーネバー蒸留所が「Whisky Festival 2019 in Tokyo」に!

プレスリリース

株式会社ウイスキー文化研究所

日本初上陸!!南オーストラリア州からクラフトジンを造るネバーネバー蒸留所が「Whisky Festival 2019 in Tokyo」に!

(DreamNews) 2019年11月05日(火)12時00分配信 DreamNews



ウイスキー文化研究所が主催するWhisky Festival 2019 in Tokyoにおいて、『南オーストラリア州』のジンの生産者が特別に来日するセミナーの詳細情報が2019年11月1日に決定しました。

オーストラリアは、もともとウイスキーやラム造りで有名ですが(タスマニア島だけで17を超えるウイスキーの蒸留所があります)、最近は世界的なジンブームで、多くのジン蒸留所が誕生しています。その中から今回はネバーネバー蒸留所の創業者で製造責任者のジョージ・ジョージアディス氏が初来日。
彼らのジン造りは、ジンの命ともいうべきジュニパーベリーにこだわったもので、最上のジュニパーの産地と言われる北マケドニアから毎年フレッシュな状態でわざわざオーストラリアのアデレードまで空輸し、それをフレッシュなまま仕込みに用いています。使うスチルはメルボルン製の300リットルの小型のもの。サザンストレングスジン、ジュニパーフリークジン、ジュニパーストンプジン、トリプルジュニパージンなど、どれもジュニパーにこだわったジンばかりです。ちなみにネバーネバーというのは、お伽話などに出てくる理想郷の意味で、どこにもない蒸留所という意味で付けられています。
彼らのユニークなジン造りと、南オーストラリア州の豊かな自然が、東京フェスの会場で特別に語られます。セミナーは30名限定。どこよりも早く、誰よりも早く、オーストラリアのジンを知る、またとない機会です。

【テイスティングアイテム(予定)】
●Never Never Southern Strength Gin (「ワールドベストクラシックジン」受賞)
他、4〜5種類

<Whisky Festival 2019 in Tokyo セミナー詳細>
https://whiskyfestival.jp/tokyo2019/south-australia-seminar/
11月17日(日)13:30-14:30
世界に認められた!
「南オーストラリア州のクラフトジン」のご紹介
講師/ジョージ・ジョージアディス氏(ネバ―・ネバ― ディスティラリーカンパニー 取締役)
受講料/会員3,000円・一般3,500円(当日券4,000円)

注意事項
※本セミナー受講にはチケットの他に、別途フェスティバル入場券 が必要です。

<ネバーネバー蒸留所HP>
https://neverneverdistilling.com.au/



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る