• トップ
  • リリース
  • 秋田県湯沢市が、4人組女性エンターテイメントグループ・小野小町を「湯沢市ふるさと応援大使」に任命!

プレスリリース

株式会社タニプロモーション

秋田県湯沢市が、4人組女性エンターテイメントグループ・小野小町を「湯沢市ふるさと応援大使」に任命!

(DreamNews) 2019年10月30日(水)17時00分配信 DreamNews



愛知県出身のメンバーで結成された4人組女性エンターテイメントグループ・小野小町(タニプロモーション所属)が、「湯沢市ふるさと応援大使」に任命。昨日の10月29日、東京都内の『ホテルルポール麹町』にて、秋田県湯沢市の鈴木俊夫市長より、直々に委嘱状を手渡される交付式が行われました。
 命名のモチーフとなっている小野小町は、日本でも有数の歴史的女流歌人。秋田県の湯沢市で生まれて、愛知県で生涯を終えたと伝えられており、波乱万丈な人生は今でも伝説になっております。同名グループのパフォーマンスもそんな小野小町にふさわしく、歌唱あり、日舞あり、艶やかなイリュージョンありの和風エンターテインメントユニット。去る9月にメジャーデビューを果たしたデビュー曲は、企画&作詞は東海林良、企画プロデュースは酒井政利、作曲は都倉俊一という顔ぶれです。交付式に出席した酒井プロデューサーは、「小野小町もスターになる女子力と躍動感を持っています。今後が楽しみです」とコメント。また、今回の交付式のきっかけとなった秋田県湯沢市出身の東海林先生も、「日本の魅力がいっぱいつまったエンターテイメントになると思います。最高のアーティストにめぐり会えました」と、目を潤ませながら壇上で語りました。
 なお、湯沢市ふるさと応援大使は、これまで多くの湯沢市出身の要人や著名人が務めていますので、メンバーの小西麗菜は、「私たちのパフォーマンスで秋田県に貢献できるよう、そして、そこから日本の文化を多くの人へ届け、世界へ羽ばたけるようにがんばります」と歓喜に満ちております。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る