• トップ
  • リリース
  • 自動車メーカーが提供しているヘッドユニット動向を調査・分析したレポート「ヘッドユニット/ディスプレイの動向と分析」をリリース

プレスリリース

株式会社SBDジャパン

自動車メーカーが提供しているヘッドユニット動向を調査・分析したレポート「ヘッドユニット/ディスプレイの動向と分析」をリリース

(DreamNews) 2019年11月01日(金)12時00分配信 DreamNews

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛ける株式会社SBDジャパン(名古屋市)では、欧州・米国・中国において自動車メーカーが提供しているヘッドユニットに関する調査を継続的に行っており、動向をまとめています。

2019年10月18日に発行した本書「ヘッドユニット/ディスプレイの動向と分析」では、2019年の動向を市場間および前年と比較し、ヘッドユニットのグローバルおよび地域別動向について包括的な展望を分析しています。また、詳細な動向分析およびデータ比較と併せて、ハードウェア、システム統合、セグメント、投入時期などヘッドユニット開発における重要なポイントについて考察しています。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/625-19IB_J.pdf


<本書の構成>

要旨:2019年の主な動向、今後を左右するグローバルトレンド、OEMとサプライヤーのパートナーシップについて解説
2019年の新型ヘッドユニット:2019年と2018年の新装備の比較、セグメント別の主な動向を紹介
地域間の比較:コンシューマ・デバイス・テクノロジーの統合、ディスプレイの大型化、ディスプレイの向きの変化、地図のOTA更新、OEMとサプライヤーのパートナーシップ、VPAの拡張の市場間比較
各種対策:コンシューマ・エレクトロニクス製品への対策、量産車および高級車ブランドのヘッドユニット動向に対する対策
ヘッドユニットの動向:欧州・米国・中国の各市場の2019年の販売車両におけるヘッドユニット動向について市場概要、新型ヘッドユニット、スマートフォン連携の動向、ディスプレイ仕様、価格、入力HMIの動向、コネクテッドサービスの動向など項目ごとに分析しています。

レポートの詳細
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/625-19IB_J.pdf





本レポートの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

株式会社 SBDジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る