プレスリリース

敷島住宅株式会社

敷島住宅(株)「グッドデザイン賞2019」受賞

(DreamNews) 2019年10月03日(木)12時00分配信 DreamNews

●4回目、2年連続のグッドデザイン賞受賞
大阪・京都・滋賀を中心に住宅事業を展開する敷島住宅株式会社(本社:大阪府守口市、代表取締役社長:川島永好)は、パッシブデザイン住宅「近江西、風の通り土間の家」(滋賀県大津市下阪本)でグッドデザイン賞2019を受賞しました。今回で4回目(2014、2015、2018、2019)、2年連続の受賞となります。

●滋賀県立大学との共同開発
今回、受賞した同社の「近江西、風の通り土間の家」は、滋賀県立大学環境建築デザイン学科・金子研究室との共同開発によるものです。従来のような省エネ基準の地域区分ではなく京阪滋のエリアを7地域に分け、フィールドワークを重ねながら気候・地形・伝統建築・文化の調査と解析を行い、地域ごとの特徴を反映した「パッシブデザイン7地域モデル」を構築しました。今回の「近江西、風の通り土間の家」は7地域モデルの第1弾となるコンセプトモデルです。

●近江西、風の通り土間の家
上記の調査・解析をもとに、当該地域の風の流れを効率的に活用できるよう、土間空間と連続する吹き抜けを住まいの中心に配置。さらに上部に設置した現代版越屋根「パッシブルーフ」は、通風・換気・排熱効果の最適化を図るようデザインされ、土間から吹き抜け、そしてパッシブルーフが風の通り道となっています。また虫籠窓・可動格子戸・低い軒など地域の伝統建築と、パッシブヴォイド・スキップフロア・雁行テラスなどモダンデザインとの融合も図られています。

●パッシブデザイン住宅とは
本来、パッシブは受動的という意味ですが、パッシブデザイン住宅とは、省エネ設備に過度に頼り過ぎることなく、太陽の光や風といった自然のエネルギーを受け入れ上手に活用することで、住まいの「心地よさ」を実現する住宅のことです。

【グッドデザイン賞2019受賞概要】
■受賞対象名 「パッシブデザイン7地域モデル・近江西、風の通り土間の家」
■事業主体名 敷島住宅株式会社
■分   類 戸建住宅
■受賞企業名 敷島住宅株式会社(大阪府)
■受 賞 番 号 19G120912
■受 賞 日  2019年10月02日
■「近江西、風の通り土間の家」の詳細情報 http://www.shikishima-j.co.jp/passive_design2019/

【本件に関する問い合わせ先】
敷島住宅株式会社・マーケティング部 担当:小林
〒570-0027 大阪府守口市桜町4番17号
TEL.06-6992-6733(代)  FAX.06-6992-7776
E-mail:kouhou@shikishima-j.co.jp
<営業時間>9:00〜18:00
<定休日> 毎週水・木曜日(第5木曜日は営業)
<コーポレートサイト>  http://www.shikishima-j.co.jp







推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る