• トップ
  • リリース
  • GIGABYTE、AERO 15 OLEDのシルバーモデルにパソコン大型専門店アプライド専売モデルを追加

プレスリリース

GIGABYTE Technology Co., Ltd.

GIGABYTE、AERO 15 OLEDのシルバーモデルにパソコン大型専門店アプライド専売モデルを追加

(DreamNews) 2019年09月06日(金)15時00分配信 DreamNews

2019年9月6日 - GIGABYTE Technology Co., Ltd. 台湾・新北市 - コンピュータテクノロジーで世界をリードするGIGABYTE Technologyは、Samsung社の15.6型AMOLED(アクティブマトリックス式有機EL) 4Kパネルを採用したAERO 15 OLEDのシルバーモデル「AERO 15S OLEDシリーズ」に、パソコン大型専門店のアプライド専用モデルとなる「AERO 15S OLED NA-7JP5020SH」を追加し、9月7日より販売を開始いたします。市場想定価格(税別)は、182,800円です。




シルバー筐体を採用する「AERO 15S OLED NA-7JP5020SH」は、CPUに6コア/12スレッドのIntel Core i7-9750Hを搭載し、グラフィックスチップにはNVIDIA GeForce GTX 1650を組み合わせたモデルです。ディスプレイにSamsung製15.6インチ4K AMOLEDパネを採用し、応答速度1ms、コントラスト比100,000:1に対応。また、DCI-P3色域カバー率100%、HDR400対応、X-Rite PANTONE認証取得と、すぐれた色再現性を実現しています。また、SO-DIMMスロットを2本備え、Samsung製のDDR4-2666メモリを標準で8GB搭載、最大64GBまで拡張することができるほか、256GBのIntel 760p M.2 SSDを装備。Wi-Fi 6に対応したKiller Wi-Fi 6 AX 1650とKiller Ethernet E2600ギガビットLANのデュアルネットワーク構成を採り、高速なネットワーク接続を実現します。

本製品は、最高の品質を実現すべく、すべて台湾のGIGABYTE工場で製造されています。今回、アプライド専売モデルの投入にあたり、仕様を見直し、Display PortやThunderboltインターフェースを省くことで、4K AMOLEDパネルを採用しながらも、税込価格で200,000円を切るすぐれたコストパフォーマンスを実現しています。

本製品の主な仕様は以下のとおりです。

【製品仕様】




製品の詳細につきましては、製品情報ページをご参照ください。

【製品情報】
AERO 15 OLEDシリーズ
https://www.gigabyte.com/jp/Laptop/AERO-15-OLED--Intel-9th-Gen

【アプライドネットGIGABYTEノートPC販売ページ】
https://shop.applied-net.co.jp/shopbrand/ct2518/

□お客さまからのお問い合わせ先
 GIGABYTEノートパソコン
 E-mail:giga-nsc@3acorp.co.jp
 URL:https://www.gigabyte.com/jp/Laptop
 LINE ID:@mhx5944o
 電話番号:0570-001-081
 対応時間:10:00〜18:00(土日祝除く)


GIGABYTE Technologyについて
PC業界の世界的リーダーの一社であるGIGABYTEは、「Upgrade Your Life(生活を向上させる)」ことを目指し、包括的な製品ラインナップを提供しています。コンシューマ、ビジネス、ゲーム、クラウドシステムなどを網羅する専門知識を有するGIGABYTEは、常に研究と革新を駆使し、ユーザーニーズを満たします。 GIGABYTEは、数々の受領歴を持つマザーボード、グラフィックカード、ラップトップ、ミニPCおよびその他のPCコンポーネントとアクセサリで知られ、特許を取得したDualBIOSおよびUltra DurableテクノロジーでPC業界に革命をもたらしました。 PCテクノロジーのエキスパートとして、GIGABYTEは、5G時代に理想的なインフラストラクチャを開発すべく、AIとAloTアプリケーションを統合するハードウェアとソフトウェアソリューションでビジネスサーバーとクラウドシステムの範囲を拡大する準備を整えています。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る