• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所マーケットレポート】「XビジネスショートレポートVol.13 主要量販店(家電・家具・HC)ブランドのパワー分析」を発刊いたしました

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所マーケットレポート】「XビジネスショートレポートVol.13 主要量販店(家電・家具・HC)ブランドのパワー分析」を発刊いたしました

(DreamNews) 2019年09月05日(木)09時30分配信 DreamNews

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区)では、下記の要領にて「XビジネスショートレポートVol.13 主要量販店(家電・家具・HC)ブランドのパワー分析」を発刊いたしました。

発刊日:2019年8月9日
体裁:A4 / 79頁
PDF商品:定価43,200円(本体40,000円 消費税3,200円)

■資料内容
本調査レポートでは、家電・家具・ホームセンター小売の著名30ブランド(家電量販店11社・家具量販店9社・ホームセンター10社)を対象として、2018年1年間(1月〜12月)のインターネットでの反響状況を「Xビジネスエンジン」で計測し、有力な小売ブランドのパワー分析をいたしました。

家電量販店11ブランド(エディオン、キタムラ、ゲーズデンキ、コジマ、上新電機、ノジマ、ピーシーデポ、ビックカメラ、ベスト電器、ヤマダ電機、ラオックス)
家具量販店9ブランド(IKEA、ウニコ、大塚家具、カッシーナ・イクスシー、コクヨ、島忠、ナフコ、ニトリ、良品計画)
ホームセンター10ブランド(アークランドサカモト、Olympicグループ、ケーヨー、コーナン商事、コメリ、しまむら、ジョイフル本田、DCMホールディングス、LIXILグループ、ワークマン)

「Xビジネスエンジン」では、インターネットでの反響、クチコミや書き込み、検索結果などの露出数をもとに「LOVE度」「熱量」「魅力度」「温度」「BIAS」「NIS」という独自の視点によるゾーン判定を行い、各指標に関するランキングをとりまとめました。各ブランドの「パワー」分析・解説をご覧ください。

⇒詳細内容・お申込みはこちら
https://www.yano.co.jp/market_reports/R61201601

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る