• トップ
  • リリース
  • 【SDGsナンバー8.12に貢献】「着付け教室 ゆき椿」主宰・一級着付け技能士/川島幸子さんインタビューを公開【syufeel取材】

プレスリリース

メディア制作オフィス

【SDGsナンバー8.12に貢献】「着付け教室 ゆき椿」主宰・一級着付け技能士/川島幸子さんインタビューを公開【syufeel取材】

(DreamNews) 2019年07月29日(月)16時00分配信 DreamNews

主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア-syufeel(シュフィール)https://www.syufeel.com/では、「着付け教室 ゆき椿」主宰・一級着付け技能士/川島幸子さんインタビュー記事を、2019年7月11日に公開しました。

▼取材記事
https://www.syufeel.com/shinista/snt096/



syufeelではSDGs達成への取り組みとして、何かに向かってチャレンジしている主婦やママ『シャイニスタ』の活動を通してSDGsへの関わり方を発信しています。
公開する川島幸子さんの活動は「SDGsナンバー8 働きがいも経済成長も」「SDGsナンバー12 つくる責任 つかう責任」に関連。

大切にすれば何十年も着られる・リサイクルもできる着物を扱うお仕事は「SDGsナンバー12 つくる責任 つかう責任」に、
着付けの技術を教えるだけではなく、講師として活躍できる指導をすることが「SDGsナンバー8 働きがいも経済成長も」に貢献していると言えます。
そんな川島さんが活動を始めたきっかけや、今後の夢までお話を伺いました。

*******************

■母の指導で総合きもの着装師範取得

―― 着付け教室を始めようと思ったきっかけは何かあったんでしょうか。

実は、母親が清水学園という専門学校の連鎖校代表をしておりまして。
母の指導のもと、清水学園の「総合きもの着装師範」を取得したことがきっかけで教室を開業しました。

―― お母様も着付けの先生という事は、着物は身近なものだったんですね。

そうですね。
しかし、身近ではあったものの職業として意識したことはありませんでした。

仕事にと考えてなかったので、もともと着物は母に着付けてもらうものという感覚でした。
着付けを習い始めたのも、上の子供が幼稚園の年長の頃から。
母に着付けを習い始めたんです。

*******************

【シャイニスタとは】
シャイニスタ(shinista)とは、「shine(輝く)」と「nista(人)」を組み合わせた造語。
夢や目標のカタチは大小様々であったとしても、何かに向かってチャレンジしている主婦やママは誰もが光り輝いて見えることから名づけました。

一見、自分とは対極の人生を歩んできたように思える女性も、実は同じような迷いや悩みを抱えていたことや、試練を乗り越えて現在の位置に辿り着いたことがわかります。
彼女たちの人生を「自分事」として捉えることで、読者が社会貢献への一歩を踏み出すための原動力となっていただけたらと考えます。

-------------------

【川島幸子さんについて】

■肩書き:1級着付け技能士 ・総合きもの着装師範
■所在地:大阪府
https://www.syufeel.com/shinista/snt096/

-------------------

●syufeelについて
すべての主婦が何事にもためらうことなくチャレンジできるように、そのチャレンジが報われるようにサポートすると共に、全国の主婦たちが主役になれるメディアを目指しています。

--------------------------------------------
当プレスリリースに関するお問い合わせ
--------------------------------------------
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア syufeel(シュフィール)
https://www.syufeel.com/

【運営:メディア制作オフィス】
所在地:大阪市西区北堀江2-17-15 メディアクラウドビル5F・6F
担当:長尾

TEL:06-6556-9748
FAX:06-6556-9749
mail:info@syufeel.com

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る