• トップ
  • リリース
  • ジンコソーラー はFrost & Sullivan2019年グローバルソーラーPV技術賞を受賞

プレスリリース

Jinko Solar株式会社

ジンコソーラー はFrost & Sullivan2019年グローバルソーラーPV技術賞を受賞

(DreamNews) 2019年07月18日(木)12時00分配信 DreamNews

イギリスロンドン,2019年7月15日、世界の非常に革新力がある太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は世界的な有名な成長コンサルティング会社Frost & Sullivanフロウスト・サリヴァンから「2019年グローバルソーラーPV技術リーダーシップ賞」を受賞されたと公表した。

全世界の太陽光発電市場に対する広範な分析を経て、サリヴァンはジンコソーラーが太陽光エネルギー技術の開発と利用することや、お客様に巨大な価値を提供することを表彰した。

「ジンコソーラーは技術と革新に対する堅持が世界市場のトップ地位を占めている。同社は太陽光発電業界初の158.75ミリメートルの大型ウェハを発売し、旗艦製品のチータシリーズに使用している。このシリーズの最大出力が410Wに達成できる。現在、チータシリーズモジュールは世界で広く公共施設、商用及び家庭用分野に応用されている。ジンコソーラーは、開発者と投資家の注意力が価格からパフォーマンスへの移動を促進した。158.75ミリのウェハのビッグサイズは現在、新しい業界の手本となり、未来のために基準を定めている。今回授与された賞は、ジンコソーラーが先進技術を開発し、商用化させる能力を表彰するもので、この能力は業界標準を確立する基礎となる。」とサリヴァンのグローバルリサーチディレクターのGautham Gnanajothiがコメントした。

「全世界での広範な経営のおかげで、ジンコソーラーは全世界の高標準顧客の需要を十分に理解している。弊社はすでに準備を整えて、業界で次世代の太陽光発電技術にリードすることを期待している。弊社のチータ製品の組み合わせ、持続的な革新の承諾、および新技術の商業化の成功経験は、いずれも会社が「卒FIT時代」の第一選択のサプライヤーになるために堅固な基礎を打ち立ている。「卒FIT時代」の到来に対して、弊社は非常に有利な地位に位置している。投資家と開発者は補助金に頼らず、重点が高機能技術に移し、投入したコストに価値を創造できるようにする。」とジンコソーラーCEOの陳康平がコメントした。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年3月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインゴットとウエハーが10.5GW、太陽電池が7.0GW、太陽光発電モジュールが11.0GWに達している。

ジンコソーラーは世界で6ヶ所の生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2,000人以上を雇用しております。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る