• トップ
  • リリース
  • 国際学会「6th Digital Pathology and AI Congress-第6回デジタルパソロジー・AI学会」(Global Engage Ltd.主催)の参加お申込み受付開始

プレスリリース

株式会社グローバル インフォメーション

国際学会「6th Digital Pathology and AI Congress-第6回デジタルパソロジー・AI学会」(Global Engage Ltd.主催)の参加お申込み受付開始

(DreamNews) 2019年07月17日(水)13時00分配信 DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2019年12月5-6日 英国、ロンドンにて開催されますGlobal Engage Ltd.主催 国際学会 「6th Digital Pathology and AI Congress-第6回デジタルパソロジー・AI学会」の代理店として参加のお申込み受付を7月17日より開始致しました。

AIとデジタルパソロジーの活用による病理診断の進歩と患者ケアの強化

2019年の学会では40以上の講演が予定されており、2日間の会期を通じてデジタルパソロジーに関する研究の新たな成果や応用分野などについての知識を深めることができます。また、人工知能 (AI) や機械学習を一次診断や臨床研究に応用する取り組み、画像ベースの情報環境が病理検査のあり方を大きく変えつつある現状なども紹介されます。

この学会のみどころ

この学会のプログラムは、すべての参加者が協力し合いながら課題に取り組むことができるよう考えられており、講演者やスポンサー、他の出席者と実り多い関係を築くことができます。

・画像処理技術やデジタル画像解析技術の新たな進歩によって病理検査のあり方が変わりつつある現状を把握することができます。
・ディープラーニングの技術を利用して軟部組織腫瘍の分類作業を支援する方法を学ぶことができます。
・デジタル画像解析に対応する技術の新たな実例についての研究発表を聞くことができます。
・研究を進めるためにデジタルパソロジー技術を活用している組織の事例から教訓をくみ取ることができます。
・世界的にあまり進んでいない病理検査の完全なデジタル化に向けた取り組みをリードすることができます。
・ワークフローの転換に向けた準備に必要な知識を得ることができます。
・Akoya Biosciences、3D Histech、Indica Labsが主催する無料のプレイベントワークショップが開催されます。
・PhilipsやNanoStringによる1時間のワークショップが行われます。

株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、韓国語、中国語で「6th Digital Pathology and AI Congress-第6回デジタルパソロジー・AI学会」の情報を提供するとともに、学会の参加のお申し込みを承っております。

学会:「6th Digital Pathology and AI Congress-第6回デジタルパソロジー・AI学会」
開催日:2019年12月5-6日
開催地: 英国、ロンドン:London Heathrow Marriott Hotel, London, UK
概要、お申し込みはこちら: https://www.giievent.jp/gel747129/

Global Engage Ltd.代理店
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp





推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る