• トップ
  • リリース
  • Contrast Securityが日本法人設立を発表 数々の受賞歴のあるアプリケーションセキュリティ企業が 革新的なソフトウェアセキュリティプラットフォームを日本市場に展開

プレスリリース

Contrast Security Japan 合同会社

Contrast Securityが日本法人設立を発表 数々の受賞歴のあるアプリケーションセキュリティ企業が 革新的なソフトウェアセキュリティプラットフォームを日本市場に展開

(DreamNews) 2019年07月08日(月)13時00分配信 DreamNews

東京 - 2019年6月25日 - Contrast Securityは、本日、その日本法人ContrastSecurity Japan合同会社設立を発表しました。Contrast Securityはカリフォルニア州ロスアルトスを拠点にするアプリケーション・セキュリティ企業であり、脆弱性分析とエクスプロイト対策を現代のソフトウェアに組み込みソフトウェア開発および本番運用環境を保護するソリューションを提供しているサイバー・セキュリティーテクノロジーの主要ベンダーです。
今日のビジネスでは、アジャイル、DevOps、マイクロサービス、API、クラウドネイティブ・アプリケーション、PaaS環境といった最新のアプローチにより急速なソフトウェア開発が実施されています。このため従来のセキュリティツールではソフトウェア開発の速度に対応できない問題が生じています。Contrast Securityは、特許取得済みのバイナリ計測技術を活用してソフトウェア・ライフサイクルのあらゆる時点でアプリケーションを保護する新しいアプローチの先駆者です。現代のソフトウェアにはそれに即したセキュリティモデルが必要でありソフトウウェア開発時や本番システムに直接組み込む革新的なセキュリティ保護機能によりビジネスを完全に守ることができます。
Contrast Securityは、現代のソフトウェア時代に合わせて初めて構築された唯一のソフトウェア・セキュリティプラットフォームとして、数十年も続いてきた制約を打ち破りました。Contrast Securityでは新しいアプローチのセキュリティソフトウェアに対する急速な需要に対応するために、Battery Ventures、Warburg Pincus、General Catalyst、M12 (Microsoftのベンチャーファンド)、AXA Venture Partners、Acero Capitalから総額で 1億2,200万米ドルの資金供与を受けています。
「米国および欧州での数多くの導入実績と成功や顧客、アナリスト、優れた投資家からの手厚い支援により、当社の最新ソフトウェア・セキュリティソリューションおよび正確かつ継続的なソフトウェア保護ソリューションが世界中の企業や組織にとって必要不可欠になりつつあります」と、Contrast SecurityのCEOであるAlan Naumannは述べています。「日本国内でもアジャイルやDevOpsなどの開発が主流となりつつあり、従来のセキュリティツールでは時間や多大なコストが掛かってしまい対応出来ない為、この革新的なソリューションが必要となっております。日本国内で既にご採用頂いているお客様やご契約頂いているパートナー様のご要望もあり日本法人を設立しお客様サポートを強化およびソリューションの日本語化を進めています」。
Contrast Securityの統合プラットフォームには、フラッグシップ製品であるContrast AssessとContrast Protectが含まれています。これらは、広く普及した開発アプローチ(DevOps、アジャイル、ウォーターフォール等)およびテクノロジ(クラウド、コンテナ、オープンソースソフトウェア等)の全域で継続的に動作し、ソフトウェアのライフサイクルを通した保護が可能です。ITエグゼクティブは Contrast Securityのプラットフォームを使用することにより、ビジネスの運営に必要なアプリケーション数と、それらのセキュリティを保護するために必要なリソースの隔たりを埋めることができます。 2018年だけでも、Contrast Securityは数十億件のトランザクションにおいて 1,900,000件以上の脆弱性を検知し、アプリケーションに対して確認された攻撃を52,000,000件以上防御しました。

Contrast Securityについて

Contrast Securityは、優れた脆弱性分析とエクスプロイト対策を最新のソフトウェアに直接組み込むテクノロジを提供する世界有数のプロバイダです。Contrast Securityの特許取得済みのディープセキュリティ計測機能は分断的なスキャンやコストが多大なセキュリティエキスパートを必要とせず一連のアプリケーション全体に対して正確な評価と常時保護を実現する革新的なテクノロジーです。Contrast Securityのセンサーはアプリケーション内部で動作し脆弱性の発見、データ漏洩の防止、開発から稼働、運用にいたるまでの企業全体のセキュリティ保護を提供する機能を備えています。詳細についてはwww.contrastsecurity.jpまたはContrast SecurityのTwitter (@ContrastSec)を参照してください。

〈 詳細情報のお問合せ先 〉
ContrastSecurity Japan 合同会社 担当 田中
E-mail: jpsales@contrastsecurity.com
ホームページ:www.contrastsecurity.jp



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る