• トップ
  • リリース
  • 事業継承のあらゆる難題の本質とは!?その対処法に頭を悩ます後継者へ伝える、会社と人生の立て直し方『親の会社を継ぐ技術〜後継者のゆく手をはばむ5つの顔を持つ龍とのつきあい方〜』2019年7月11日刊行。

プレスリリース

株式会社みらいパブリッシング

事業継承のあらゆる難題の本質とは!?その対処法に頭を悩ます後継者へ伝える、会社と人生の立て直し方『親の会社を継ぐ技術〜後継者のゆく手をはばむ5つの顔を持つ龍とのつきあい方〜』2019年7月11日刊行。

(DreamNews) 2019年07月05日(金)13時00分配信 DreamNews



みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表取締役:松崎義行)は「親の会社を継ぐ技術」を2019年7月11日に刊行します。 著者:田村薫  本体 1500円+税  208ページ ISBN:978-4434262425 書籍詳細 :https://amzn.to/300jHuR

悩める後継者の福音書誕生!!なぜ同族経営では親子の確執が起こるのか!?
税金対策でも会社法でも乗り越えられない、親子間ならではの事業継承の難題をこれ一冊で解決!!

当事者さえ気づくことのできない問題の本質を解明し、対処法を伝える。
その処方箋は、後継者の「見えない敵」を明らかにし、会社も、人生をも立て直す。

ー親子経営あるあるー
・外では「早く子に会社を任せたい」と言いながら、いつまで経っても引退しない
・後継者が「成果を上げたい」と思って行う提案ほど却下されやすい
・良好な関係の顧客ほど子になかなか引き継がせない
・先代のものの言い方に裏表がある

後継者のゆく手をはばむ龍の5つの顔とは?

「時の龍」〜社会の変化と賞味期限切れのビジネス
「疎外の龍」〜調和を乱す存在
「監視の龍」〜常に見られている後継者
「執着の龍」〜自分の生きがいを奪われまいとする親
「不動の龍」〜自分の位置を変えまいとする姿勢


■著者プロフィール

田村薫 (たむら・かおる)
後継者倶楽部 主宰

1968年生まれ。父親の経営する保険代理店に就職、後に代表取締役となる。その過程で多くの中小企業において、親子での事業承継がうまくいっていない実態を目の当たりにする。その確執について、独自に研究。後継者の才能を開花させることを目的とした、後継者コミュニティ『後継者倶楽部』を主宰。今後、「大人の成長」をキーワードとした企画を、株式会社アウェイクにおいて立ち上げ計画中。サンクリエイト(株)代表取締役/(株)アウェイク 代表取締役/(株)GIVERZ 取締役


■書籍概要

仕様:四六判 208ページ
定価:本体 1500円+税
ISBN:978-4434262425
Amazon :https://amzn.to/300jHuR

■会社概要:みらいパブリッシング

設立  :2014年5月
代表者 :代表取締役 松崎義行
所在地 :東京都杉並区高円寺南4-26-12 福丸ビル6階
事業内容:図書出版全般
URL:http://miraipub.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る