• トップ
  • リリース
  • ファイアウォールのポリシーテスト自動化アプライアンス「NEEDLEWORK」の大きな機能アップデート "ネットワークテスト機能"をリリース

プレスリリース

株式会社エーピーコミュニケーションズ

ファイアウォールのポリシーテスト自動化アプライアンス「NEEDLEWORK」の大きな機能アップデート "ネットワークテスト機能"をリリース

(DreamNews) 2019年06月11日(火)16時00分配信 DreamNews

株式会社エーピーコミュニケーションズは、ファイアウォールのポリシーテスト自動化アプライアンス『NEEDLEWORK (ニードルワーク)』に、ネットワークテスト機能を追加したVersion4.0.0を2019年6月末日に正式リリースいたします。
本アップデートはネットワークインテグレーションにおけるテスト作業を自動化する機能です。この機能により作業時間を削減することができます。

◆アップデート内容
・ ネットワークテスト機能(並行Ping、トレースルート)を追加

◆アップデート詳細
ネットワークテスト機能は、ネットワークの冗長性確認時に実施する経路確認、通信断時間の測定、およびエビデンスの取得を一括で実施する機能です。
今までのファイアウォールテストに加えてネットワークのテストにも対応することによって、今まで以上に多くの案件でご活用いただけるようになりました。






<現状の課題>
現在の方法ではテスト端末を多数用意し、それぞれの端末でPing、トレースルートの実行、エビデンスの取得を実施していたため、煩雑なオペレーションで多くの工数が発生していました。
また、Pingの実行漏れやエビデンスの取得忘れなどの人的ミス、手戻りが発生していました。






<本アップデートで解決すること>
NEEDLEWORK上でテスト端末相当のIPアドレスを生成するため(※)、テスト端末が不要になります。また、Ping、トレースルート実行等の操作は全てNEEDLEWORKで実施するため、少ない操作・工数でテストを実施することが可能です。
※宛先のIPアドレスはNEEDLEWORK以外の機器も指定可能です。






◆『NEEDLEWORK(ニードルワーク)』について

『NEEDLEWORK』は、ネットワークの通信テストを自動で実施することができる小型のアプライアンスです。全ての通信テストは本製品が自動処理するため、人的ミスを限りなく「ゼロ」にするとともに、通信テストに携わるエンジニアにとって大きな負担となっていたテスト工数を大幅に削減します。機器本体と管理コンソールだけで通信テストができるため、テスト環境を構築する時間も不要になります。








「本製品により、ネットワークエンジニアの負荷を下げ、エンジニアのスキルアップや次のキャリアに繋がる、より高度な業務に取り組めるようになって欲しい」―――そんな想いからNEEDLEWORKを開発しています。
また、人口減によってITエンジニア不足が加速するこれからの時代に生産性を高める具体的な方法として多くのシーンで利用されることを心から願っています。

◆製品
・製品名 : NEEDLEWORK (ニードルワーク)
・サービスサイト : https://www.ap-com.co.jp/ja/needlework/



株式会社エーピーコミュニケーションズ 会社概要
当社は、最新技術に精通し、「お客様が満足すればするほど、我々もベネフィットを得ることができる構図」を創出することが出来る「NeoSIer(ネオエスアイヤー)」として日本のSI業界を活気に満ちた面白い業界にすることを目指す、マルチエンジニア集団です。
会社名 :株式会社エーピーコミュニケーションズ
代表者 :代表取締役社長 内田 武志
所在地 :東京都千代田区鍛冶町2-9-12 神田徳力ビル 3F
設立 :平成7年11月
事業内容 :一次請け・レベニューシェアでの請負によるシステムの提案、開発、保守、ECサ  イト構築・運営、新規サービスの企画・開発、キャリア・ISP・DC向けSI・BPO  サービス
URL :https://www.ap-com.co.jp/

【報道に関するお問い合わせ】
■株式会社エーピーコミュニケーションズ 広報担当: 小松・小林

【商標名称等に関する表示】
*エーピーコミュニケーションズ及び「APCommunications」ロゴは株式会社エーピーコミュニケーションズの商標または登録商標です。
*記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る