• トップ
  • リリース
  • コインチェック、Sumo Logicを採用し仮想通貨取引所サービスインフラのセキュリティを強化

プレスリリース

Sumo Logicジャパン株式会社

コインチェック、Sumo Logicを採用し仮想通貨取引所サービスインフラのセキュリティを強化

(DreamNews) 2019年06月07日(金)15時30分配信 DreamNews

Sumo Logicジャパン株式会社(本社:東京都中央区、カントリーマネージャー:ロバート・スチーブンソン、以下「Sumo Logic」)は、コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝屋敏彦、以下「コインチェック」がSumo Logicを採用し、仮想通貨取引所サービス向けインフラのセキュリティ強化の一環として、ログのモニタリングシステムを刷新したことを本日発表します。コインチェックは、Sumo Logicを導入することで、取引所サービス向けシステムすべてを横断的にログ管理し、膨大なログの中から不正アクセスの予兆などを検出することができます。これにより、セキュリティの脅威に対する迅速な対処が可能となると共に、コンプライアンスやガバナンスの強化を実現しました。

コインチェックによるSumo Logicソリューションの導入事例:
https://www.sumologic.jp/resource/case-study/coincheck/

コインチェックでは、2018年1月の不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金を受け、経営管理態勢や内部管理態勢の改善するとともに、外部専門家の協力を受け、技術的な安全性を向上させてきました。その施策の1つとしてシステムをインフラから再構築し、セキュリティの強化を図りました。 複数のSIEM(Security Information and Event Management)ソリューションを比較検討した結果、世界約1600社での導入実績を有するSumo Logicの SaaS型のSIEMソリューションを採用し、セキュリティ強化における具体的な施策の柱の1つとして、ログのモニタリングシステムの強靭化を実施しました。これにより、ククラウドサービスのサーバ、オンプレミスのネットワークセキュリティ機器、エンドポイントの端末類のログを一元的に監視・分析を行い、不正アクセスなど重大なセキュリティ事故につながりかねないログがあれば、迅速に対処することが可能になりました。

コインチェック株式会社 サイバーセキュリティ推進部長 大浦秀昭氏コメント:
「当社では、可能な限り短期間でモニタリング体制を再整備したいと考えており、Sumo LogicのSaaS型のSIEMソリューションは、スピーディに導入できる点が大きな魅力でした。Sumo Logicの充実したサポートや豊富なドキュメントも、短期導入の大きな助けになりました。今後は、Sumo logicを当社の監視・分析プラットフォームとしてさらに活用していくことで、セキュリティをより強固にするだけでなく、サービスやシステムの改善にもつなげていきたいと考えています。」

【コインチェックについて】
2012年8月設立。仮想通貨販売所・取引所サービス「Coincheck」を提供。Bitcoinに加え、NEMやRippleなど9種類の仮想通貨を取り扱う。2018年4月にマネックスグループ株式会社の100%子会社となり、2019年1月に仮想通貨交換業者登録完了。他に、貸仮想通貨サービス「Coincheck Lending」や「Coincheckでんき」なども提供している。

【Sumo Logicについて】
Sumo Logicは、アプリケーションのライフサイクルとスタック全体にわたってリアルタイムで継続的なインテリジェンスを提供する、業界をリードするクラウドネイティブのマシンデータ分析プラットフォームです。2010年に設立され、米国カリフォルニア州レッドウッドシティーに本社をおきます。詳細については、https://www.sumologic.jp/をご覧ください。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る