• トップ
  • リリース
  • 一年で最も長い昼の日を効率的に活動する 夏至の日に仕事+遊びにチャレンジ プライベートの充実が仕事への活力アップに ユニークな記念日「仕事も遊びも一生懸命の日」を6月22日に制定 懇親会を開催

プレスリリース

富士企画株式会社

一年で最も長い昼の日を効率的に活動する 夏至の日に仕事+遊びにチャレンジ プライベートの充実が仕事への活力アップに ユニークな記念日「仕事も遊びも一生懸命の日」を6月22日に制定 懇親会を開催

(DreamNews) 2019年06月07日(金)14時00分配信 DreamNews

不動産投資事業をおこなう富士企画株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:新川義忠)は、2019年6月22日(夏至の日)を「仕事も遊びも一生懸命の日」として記念日制定しました。

■仕事と遊びの充実 時間の使い方が上手いと仕事も上手くいく
当社は創業時より、生き生きと仕事ができる環境やモチベーション作り、そして時間を最大限に生かしプライベートの充実を図るために、「仕事も遊びも一生懸命」をモットーにしてきました。

代表の新川は出社前にサーフィンをしたり、顧客との面談もオフィスではなく、海沿いでおこなったりしています。社員の中には顧客とランニング部をつくり、早朝の皇居マラソンを定期的に開催しています。当社の社員は皆それぞれの目的や夢のために、仕事以外の課外活動を積極的におこなっています。
そして当社に訪れる顧客に対しても仕事だけでなく積極的に遊ぶことを推奨しています。

今回、仕事と遊びの両立があってこそ、自己成長と人生の謳歌につながることを広く知ってもらうために、記念日「仕事も遊びも一生懸命の日」をつくりました。
夏至の日に定めたのは、1年の中で日の出から日没までが1番長い日であるからこそ、最大限に時間を活用できると考えたからです。



■記念日に懇親会開催 仕事も遊びも一生懸命な生き方にチャレンジ
記念日は社員、顧客、取引先を交えて夕方より懇親会を初開催します。参加者は、当日の朝各自の「遊び」を実践してから仕事に向かいます。夕方までは一生懸命働きます。そして夕方からは懇親会で思いっきり遊ぶ予定です。

時間が限られているからこそ効率の良い働きが必要です。毎日の24時間をどうやって過ごすかを真剣に考えることが第1歩です。どのような自分になりたいか未来像を描けば、思考が変わり行動することで得られる効果が変わるからです。記念日は1日だけですが、当社ではこの日に限らず日々実践していきます。この記念日の制定により、仕事だけでなく、遊ぶことの大切さを広めていける活動を積極的におこなっていきます。




                  早朝サーフィンを終えて出社

【懇親会の詳細】
日時: 6月22日(土) 19:00〜22:00
場所: スポル (東京都品川区広町2丁目1-19)
参加者: 社員、顧客、取引先など30名
内容: 6月22日の朝、「遊び」を実践して仕事に向かう。
夕方までは一生懸命働き、その後懇親会から思いっきり遊ぶ。
※ご取材は広報事務局までお申込みお願いいたします。
富士企画広報事務局  担当:杉村
TEL:03-5411-0066  携帯:070-1389-0175  E-mail:pr@netamoto.co.jp




               どこでもいつでも仕事ができるスタイル






【会社概要】
社名 : 富士企画株式会社
代表 : 代表取締役社長 新川 義忠
本社 : 東京都新宿区四谷1-19-16第一上野ビル6F
ホームページ : http://www.fuji-plan.net/
設立 : 2012年7月2日
資本金 : 500万円
従業員数 : 14人
事業内容 : 事業用・戸建・土地・マンション他の投資用不動産の売買、賃貸管理、
増改築・リフォーム全般

<本件に関する問い合わせ先>
富士企画 広報事務局
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788  E-mail:pr@netamoto.co.jp
担当: 杉村(携帯:070-1389-0175)

富士企画株式会社
TEL:03-6380-6780  FAX:03-6380-6783  E-mail:shinkawa-y@fuji-plan.net
担当: 新川(携帯:090-4601-6501)

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る