プレスリリース

株式会社 lohas beans

株式会社lohasbeansがパンの名店デュヌ・ラルテの事業譲受

(DreamNews) 2019年06月04日(火)09時00分配信 DreamNews

東京・表参道でカフェレストラン事業を行なう株式会社lohasbeans
(代表取締役会長:中村規脩)は、2019年6月1日に19年の歴史を誇るパンの名店
「d’une rarete(デュヌ・ラルテ)」(以下デュヌ・ラルテ)の事業譲受いたしました。

 デュヌ・ラルテは、店名のフランス語で「類にも稀なる」という意味の通り、2000年表参道の骨董通りで創業以来、斬新なメニューを開発し、多くのパン好きたちを唸らせてまいりました。この度、そのデュヌ・ラルテを株式会社 lohasbeans(以下、lohasbeans)が事業譲受いたしました。

 lohasbeans は、コロンビアの良質なスペシャルティコーヒーをアジア全域に輸入販売し、フラッグシップ店として東京・表参道の骨董通りでカフェ「lohasbeans coffee」を展開しております。今後はデュヌ・ラルテのパンを、紀ノ国屋 等々力店や、デパート等での催事だけでなく表参道の「lohasbeans coffee」でも楽しむことが出来るようになり、デュヌ・ラルテの旗艦店も計画しております。



■RECOMMENDED MENU

◇ホノカ
北海道産小麦を使用した、モッチリ食感のパン。
お餅を食べているかの様なモチモチ食感が特徴で幅広い年齢層に人気。
そのままはもちろん、トースターで温めると薄皮がパリッ、中はモチッとした両方の食感が楽しめます。




◇ラルテ
27層のクロワッサン生地は、バターが劣化しないように考え、温度管理されたパイ生地専用の部屋で作られます。
バターの美味しさをダイレクトに味わえるクロワッサンは、湿気に弱いので温める際は余熱で温めて冷めると食感が元に戻ります。




◇キュブ
食感はクロワッサンとブリオッシュの間のよう。
何層にも折り込みを重ねたデニッシュ生地を型に入れ、焼き込みを何度も重ねる事により生まれるサクサクとした食感。
口溶けはまるでブリオッシュのように舌で溶け、バターの甘さと蜂蜜の香りが口の中に広がる。
濃厚なフォアグラとマリアージュされるために生み出されたパートナー。




■店舗概要
正式名称:d’une rarete 紀ノ国屋等々力店
住  所:東京都世田谷区等々力7-18-1 紀ノ国屋等々力店内
営業時間:9:30-21:00
電話番号:090-6305-3479
休  日:不定休
H  P:http://www.dune-rarete.com
__________________________________________

■店舗概要
正式名称:lohas beans coffee
住  所:東京都港区南青山5-8-10 萬楽庵ビルII 1F
営業時間:8:00-21:00
電話番号:03-3400-7124
休  日:なし
席  数:30 席
H  P:http://www.lohasbeanscoffee.jp
__________________________________________

代表者紹介
中村規脩

大学卒業後、会社勤務などを経て、1993年テレビ通販の
ショップジャパン(株式会社オークローンマーケティング)を設立、
2011年に在名古屋コロンビア共和国名誉領事に就任、
日本とコロンビア共和国の架け橋となる活動を精力的に行っている。
また、2017年に(株)ロハスビーンズを東京の青山に創業、コロンビア共和国からコーヒー生豆の輸入を開始、同年に株式会社サンモリッツをグループの一員とし名古屋における飲食事業に本格参入する。2019年にはRIZAP GROUPより、(株)ジャパンゲートウェイの株式の譲渡を受け100%子会社とする。



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る