• トップ
  • リリース
  • 日本の音楽の未来が危ない!!コミックで著作権の基礎知識を理解し、JASRACの今を問う「音楽を取りもどせ!コミック版 ユーサ゛ー VS JASRAC」2019年5月24日刊行。

プレスリリース

株式会社みらいパブリッシング

日本の音楽の未来が危ない!!コミックで著作権の基礎知識を理解し、JASRACの今を問う「音楽を取りもどせ!コミック版 ユーサ゛ー VS JASRAC」2019年5月24日刊行。

(DreamNews) 2019年05月28日(火)14時00分配信 DreamNews

みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表取締役:松崎義行)は「音楽を取りもどせ!コミック版 ユーサ゛ー VS JASRAC」を 5月24日に刊行しました。 著者:城所岩生  本体1250円+税 四六判 ソフトカバー 192ページ ISBN:978-4-434-26071-1 書籍詳細 : https://amzn.to/2JJJin3

この国の大人は、私たちが自由に歌って踊ることまでダメ! と言うの?

街のイベントに向けて練習を重ねる、歌とダンス命! の中学生・カナ。
ダンス好きの親友にちょっと変わった仲間も加わり、男子たちの注目も集まって順調に準備を重ねる……。
しかし、その前に、JASRACの巨大な壁が立ちはだかる!
コミックで著作権の基礎知識が理解できると共に、日本の音楽文化を破壊するJASRACの姿勢を国際派弁護士が訴える!

■著者プロフィール

城所岩生(きどころ いわお)
国際大学グローバルコミュニケーションセンター(GLOCOM)客員教授
米国弁護士。東京大学法学部卒業後、ニューヨーク大学修士号取得(経営学・法学)。
NTTアメリカ上席副社長、ニューヨーク州・ワシントンDC弁護士、成蹊大学法学部教授を経て、2009 年より現職。
おもな著書に『米国通信戦争』(日刊工業新聞社、第 12 回テレコム社会科学賞奨励賞受賞)、『米国通信改革法解説』(木鐸社)、『著作権法がソーシャルメディアを殺す』(PHP 新書)、『フェアユースは経済を救う~デジタル覇権戦争に負けない著作権法』(インプレスR&D)がある。

山口クミコ(コミック)
『呪いんぐTABASA』にて秋田書店よりデビュー。
『犬と遊ぼ!わんタボー』などを『ミステリーボニータ』(秋田書店)、『大人なき足音』、『うしろの訪問者』などを『あなたが体験した怖い話』(ぶんか社)で発表するなど作品多数。
また、『女性自身』(光文社)にて、多数イラストを発表。

■書籍概要

仕様:四六判 ソフトカバー 192ページ
定価:本体1250円+税
ISBN:978-4-434-26071-1
Amazon :https://amzn.to/2JJJin3

■会社概要:みらいパブリッシング

設立  :2014年5月
代表者 :代表取締役 松崎義行
所在地 :東京都杉並区高円寺南4-26-5YSビル3階
事業内容:図書出版全般
URL:http://miraipub.jp







推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る