• トップ
  • リリース
  • 【パラリンアート支援活動のお知らせ】自遊空間で障がい者アーティストを応援できるフードメニューを販売開始

プレスリリース

株式会社ランシステム

【パラリンアート支援活動のお知らせ】自遊空間で障がい者アーティストを応援できるフードメニューを販売開始

(DreamNews) 2019年04月24日(水)12時00分配信 DreamNews

株式会社ランシステム(東京都豊島区、代表取締役社長:日高大輔)は、障がい者アーティストを支援する一般社団法人 障がい者自立推進機構(東京都港区、代表理事:中井 亮)が行う障がい者アーティスト支援活動「パラリンアート」への支援活動として、運営する複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」で2019年4月24日(水)から発売されるグランドメニューの一部で障がい者アーティストを応援できるメニューの販売を開始いたします。





自遊空間では、パラリンアートへの支援活動として、2017年7月にパラリンアートアーティストのデザインによるカラオケルームを自遊空間BIGBOX高田馬場店に開設、ルームをご利用いただきましたお客様1人につき50円の寄付を実施。同年10月からは店頭の募金箱による募金活動も実施しております。この度、2019年4月に行われる自遊空間グランドメニューの改定に合わせて、店内PCまたはスマートフォンアプリからのご注文時に「募金:パラリンアート」ボタンをクリックして注文するだけで、パラリンアートに10円(1メニュー)を募金できる商品を販売いたします。対象商品は公式ページでご確認ください。

店内でご飯を食べるだけで気軽に募金活動することが出来るメニューを導入することにより、より多くの皆様にパラリンアートアーティストを応援していただけるきっかけ作りになることを願います。お客様からお寄せいただいた募金は、障がい者未就学児/就学児が通う、放課後等デイサービス施設「みんと」や他障がい者施設、イベント等での障がい者向けアートワークショップ活動を支える資金としてパラリンアートへ寄付させていただき、定期的に活動報告を公式サイトにて実施予定です。

公式HP:http://jiqoo.jp/food/paralymart/

皆様お誘い合わせの上、自遊空間にご来店の際には応援メニューや募金箱などを通してパラリンアートアーティストのサポート活動にご参加下さい。自遊空間グループはこれからもパラリンアートと共に障がい者アーティストの自立支援を応援いたします。

【パラリンアートとは】
パラリンアートとは、「障がい者がアートで夢を叶える世界を作る」を理念に、一般社団法人障がい者自立推進機構が運営する障がい者アート推進活動です。「障がい者とひとつのチーム」となり活動し、社会保障費に依存せず、民間企業・個人の継続協力で障がい者支援を継続できる社会貢献事業です。
アーティストが描いた絵画やデザインを障がい者アートとして多くの人に発信し、アーティストへ利用に応じた報酬をお渡しすることで、障がい者の自立支援を行っております。
公式HP:https://paralymart.or.jp/

【自遊空間利用に関して】
・店舗ご利用の際は最初に自遊空間への会員登録が必要になります。会員登録料は店舗により異なります。
・利用料金は時間課金制となっております。

【本リリース及び複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」に関するお問い合わせ先 】
株式会社ランシステム 事業推進課
TEL:03−6907−8118   E-mail:sc-project@runsystem.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る