• トップ
  • リリース
  • 米国におけるハイブリッド車関連技術 特許総合力ランキングトップ3はトヨタ、FORD、GM

プレスリリース

株式会社パテント・リザルト

米国におけるハイブリッド車関連技術 特許総合力ランキングトップ3はトヨタ、FORD、GM

(DreamNews) 2019年04月26日(金)11時00分配信 DreamNews

株式会社パテント・リザルトは2019年4月26日、米国特許商標庁で公開された「ハイブリッド車関連特許」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

集計の結果、「総合力ランキング」では、1位 トヨタ自動車、2位 FORD、3位 GENERAL MOTORSとなりました。

総合力1位のトヨタ自動車の注目度の高い特許には、「ハイブリッド車や電気自動車のワイヤレス充電に関する技術」や、「電池セルを冷却するための空気導入路が短く、空気の流通抵抗が小さな車両用電源装置」などが挙げられます。

総合力2位のFORDは、「燃費を向上することができるハイブリッド車の動力伝達機構」に関する技術や、「運転者に対し全体的な効率を示すハイブリッド車用のシステム、表示方法」に関する技術などが、注目度の高い特許として挙げられます。

総合力3位のGENERAL MORTORSの注目度の高い特許には、「遠隔で充電量を管理制御するシステム」に関する技術や「複数のトルク入力を同時に制御するハイブリッドのパワートレイン制御システム」に関する技術などが挙げられます。

そのほか、4位 本田技研工業は「シフトアップ時、シフトダウン時ともに変速時間を短縮できる自動変速装置」や「充電ステーションの場所を識別するシステム」などが、5位 アイシン・エィ・ダブリュは「駆動装置を小型化し、配線を簡素化することができる技術」や「電動機を冷却する冷媒回路を単純化する技術」などが、注目度の高い特許として挙げられます。

本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「米国 ハイブリッド車関連技術」にてご覧いただけます。

■価格:100,000円〜(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2019/04/hybridveh-us.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る