• トップ
  • リリース
  • Bluetooth SIG、スマートホームや産業分野の技術動向を解説するBluetooth Asia 2019を開催

プレスリリース

Bluetooth SIG、スマートホームや産業分野の技術動向を解説するBluetooth Asia 2019を開催

(DreamNews) 2019年04月11日(木)11時00分配信 DreamNews

〜 Alibaba、Baidu、Huawei、Xiaomiら業界をリードする企業による基調講演と展示〜

Bluetooth Special Interest Group(本部:米国ワシントン州カークランド、以下Bluetooth SIG)は、昨年に続き2019年5月23日と24日に深センコンベンション&エキシビションセンターにてBluetooth Asia 2019を開催することを4月11日に発表します。開催6年目を迎えるBluetooth Asia 2019では、スマートホームやスマートビルディング、スマートシティといった成長著しい新興市場におけるBluetooth(R) 技術の実装や、ワイヤレスオーディオやコネクテッドデバイスにおける最新の開発事情を紹介します。

Bluetooth Asia 2019では市場のインフルエンサーや開発者、技術イノベーターら2,500名以上の参加が見込まれています。また70社以上のメーカーが一堂に会し、あらゆる種類のチップセットやマイクロプロセッサー、モジュール、テストソリューション等の展示を行います。

Bluetooth SIGマーケティング担当VPを務めるKen Kolderupは、Bluetooth Asiaの実施にあたり、次のように述べています。「Bluetoothが現在と将来にわたって実現していく信頼性の高い安全かつスケーラブルなソリューションについて、新鮮で前向きなアイデアを生み出し続ける優れた頭脳が中国をはじめ各国から集うイベントです。とりわけ今年の展示会では、コネクテッド・ライティング、スマートホーム、スマートビルディングといった新興市場で最先端ソリューションの実装に取り組んでいる開発者に対し、業界をリードする上で不可欠な情報を提供します」。

Bluetooth Asia 2019ではAlibaba、Baidu、Huawei、Xiaomiといった業界をリードする企業による基調講演のほか、これら企業によるBluetoothを搭載した最新技術を実体験できます。また開発者向けのセッションとして、製品にBluetooth技術を導入するための最新技術とツールの紹介を含め、多数の実践的なセッションを取り揃えています。さらに開発者の方はイベント中にBluetooth規格の最新アップデートについて、Bluetooth SIGのエキスパートスタッフに直接質問できます。

展示エリアへの参加費は無料です。基調講演と開発者向けセッションへの参加登録に関する詳細は以下を参照ください。https://www.bluetoothasiaevent.cn.com/

展示スペースおよびスポンサー枠として参加も可能です。興味がある場合は、以下のアドレスまでご連絡ください。 andy.falconer@clarionevents.com


Bluetooth (R) 無線技術について
毎年40億近くの製品が出荷されるBluetooth(R)技術は、シンプルでセキュアな無線接続のグローバル規格です。1998年の設立以来、BluetoothのコミュニティはBluetoothの機能拡大に取り組み続け、世界中でイノベーションを推し進め、新市場を創り出し、通信の定義を塗り替えてきました。今日Bluetoothは、オーディオストリーミング、データ転送、位置情報サービス、大規模デバイスネットワーク等、様々なソリューション分野で開発者に選ばれる無線技術となっています。詳細については、bluetooth.com を参照ください。

Bluetooth SIGについて
1998年に設立されたBluetooth SIGは、Bluetooth (R)技術を管理する非営利の業界団体です。34,000社を超えるメンバー企業のサポートにより、Bluetooth SIGは、技術を普及させる最新の改良された仕様と、世界規模の製品認証プログラムを通じたグローバルな相互運用性を実現します。また、技術に対する認知、理解を促すことでBluetooth技術の採用数の増加とブランド向上を図ります。詳細については、bluetooth.com を参照ください。

Facebook:  https://www.facebook.com/Bluetooth.Japan/
Twitter: https://twitter.com/Bluetooth_Japan



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る