• トップ
  • リリース
  • A&Dは、トップメッセージや第42期(平成31年3月期)第3四半期の財務ハイライトなどを掲載した『ビジネスレポート』を発行いたしました。

プレスリリース

株式会社エー・アンド・デイ

A&Dは、トップメッセージや第42期(平成31年3月期)第3四半期の財務ハイライトなどを掲載した『ビジネスレポート』を発行いたしました。

(DreamNews) 2019年03月28日(木)10時00分配信 DreamNews

株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島 泰信)は、トップメッセージや第42期(平成31年3月期)第3四半期の財務ハイライト、営業概況などを掲載した『ビジネスレポート』を発行いたしました。

【1.トップメッセージの一部抜粋】

当期の大きな変化は、平成30年6月に株式会社ホロン(証券コード:7748 東証JASDAQ)を子会社化したことであります。
当社は創業当時から半導体製造装置向けD/A変換器(デジタル/アナログ変換器)を供給してまいりましたが、昨今の半導体製造における微細化要求に、当社の変換ユニットの技術がますます重要視されるようになっており、そこにホロンと協業することで、より時代の要求に合う製品をタイムリーにご提供することができるとの両社の判断で実行いたしました。

今後につきましては、まず、自社株の活用を含むワラントの発行による資金調達を行うことにいたしました。資金調達の目的は、直近の投資案件に対応するためです。
一つは昨年実行いたしましたホロンの子会社化の際に要した株式取得資金への充当ですが、さらに今後、当社およびホロンの半導体検査装置の開発、製造拡充に伴う設備投資資金が見込まれ、そこにも充当する計画です。また、埼玉県北本市の当社開発・技術センターにおける生産性改善のための設備投資資金としても充当する計画です。

その他に、韓国の当社グループ製造拠点の建物が分散・老朽化していることもあり、新たに工場を新設し集約することにより、配置の最適化による生産性向上と経費低減を図る予定です。また、昨年タイに駐在員事務所を開設いたしましたが、今後のアジアの経済発展を見据え、アジア地区における販売・サービスの拡充を図ってまいります。

A&Dのホームページに『ビジネスレポート』全文を掲載しています。https://www.aandd.co.jp/adhome/ir/library/business_report/pdf/20190320.pdf


【2.『ビジネスレポート』発行日】

2019年3月20日


<会社概要>
会社名  :株式会社エー・アンド・デイ
本店所在地:〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-23-14
代表者  :代表取締役執行役員社長 森島 泰信
設立   :1977年5月
資本金  :6,388百万円
市場情報 :東証1部 7745
事業内容 :電子計測器、産業用重量計、電子天びん、医療用電子機器、試験機、工業計測機器、
      その他電子応用機器の研究開発・製造・販売

<本リリースPDF>
https://www.aandd.co.jp/adhome/whatsnew/2019/0328_biz_report/newsrelease_20190328_biz_report.pdf

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社エー・アンド・デイ
TEL:048-593-1115  総務部 波津久(ハツク)浩
(取材・問い合わせ専用です。広告営業はお控えください)
https://www.aandd.co.jp





推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る