• トップ
  • リリース
  • ボスティック アジア市場で新商品をリリース Kizen(R)シリーズ-新しい包装用ホットメルト接着剤

プレスリリース

ボスティック・ニッタ株式会社

ボスティック アジア市場で新商品をリリース Kizen(R)シリーズ-新しい包装用ホットメルト接着剤

(DreamNews) 2019年03月18日(月)15時30分配信 DreamNews



(大阪:2019年3月18日)建築・消費材・工業用接着剤の世界的なリーディング・メーカーであるボスティック・ニッタ株式会社(大阪府八尾市:以下ボスティック )は、アジア市場において包装用ホットメルト接着剤の新商品をリリースしました。

“Kizen(カイゼン)”という名前は日本語の「改善」に由来します。Kizen(R)は当社独自の配合技術により、使いやすく、接着性に優れ、安全かつ安心で、生産性に貢献し、お客様のニーズに応えます。

ボスティックの包装用接着剤グループ アジア地域ビジネスダイレクターであるハイディ・ワンによると「アジアの急速な発展と中間層の急増に伴い、工業用接着剤市場のニーズも拡大しています。弊社は、30年以上お客様との対話を継続し、生産性の向上や包装工程のコストダウンなどのお客様の多様なニーズに応えることができるKizen(R)シリーズの発売に至りました。」

Kizen(R)シリーズはKizen(R) FORCE、Kizen(R) ICE及びKizen(R) HEATの3つです。これらの製品はセットタイムが速く、扱いやすく、加熱安定性や接着性に優れるなどの特長を有しています。これらはお客様の生産ラインにおけるアイドルタイムの減少、在庫管理単位(SKU)の集約、生産効率の向上、包装工程のコスト削減などを可能にします。

Kizen(R) HEATは、ホット充填の包装用途に適しています。この製品は優れた耐熱性を持ち、厳しい輸送条件においても、接着性を保持します。さらに、Kizen(R) HEATはIoPP(Institute of Packaging Professionals)の耐熱性試験(T-3006)において、70以上の温度で24時間保持することを確認しています。

Kizen(R) FORCEは従来のEVA系やオレフィン系のホットメルト接着剤に代わる、包装工程における理想的なソリューションです。加熱安定性に優れ、メンテナンス低減が期待できます。さらに、低粘度で接着性に優れ、正確な吐出が可能です。

Kizen(R) ICEは冷凍温度の領域でも、高い接着強度を有し、難接着の基材 (リサイクルされた段ボール)にも高い接着性を発揮します。Kizen(R) ICEは低粘度で高精度の吐出を可能にします。さらに、多様な生産ラインに適応するため、工場の在庫管理単位の集約にも貢献できます。

Kizen(R) はボスティックの工業用接着剤ビジネスユニットにおける包装市場向け商品の一つです。これらは既に日本を始め、中国、東南アジア、オーストラリアで販売されております。

詳細については、https://www.bostik.com/をご覧下さい。

Arkemaの一員であるボスティックについて
ボスティックは接着剤およびシーラントをグローバルで提供するリーディングカンパニーであり、1世紀以上に渡り、よりスマートで日々の生活に適応する革新的な接着剤ソリューションの開発に取り組んできました。ボスティックのスマートな接着剤はゆりかごから墓場まで、家庭からオフィスまで、あらゆる所で使われています。当社の年間売上高は2,600億円で、50か国以上で約6000人の社員が従事しています。最新情報に関するお問い合わせにつきましては、https://www.bostik.com/をご覧下さい。



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る