• トップ
  • リリース
  • ジンコソーラー・ジャパン発展戦略公表:競争しなく、現地企業と協力する形で発展

プレスリリース

Jinko Solar株式会社

ジンコソーラー・ジャパン発展戦略公表:競争しなく、現地企業と協力する形で発展

(DreamNews) 2019年03月08日(金)10時00分配信 DreamNews

2019年2月27日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は日本の東京PV EXPO 2019に出展した。今回の展示会で、ジンコソーラーは2018年の実績を発表し、2019年の新たな戦略目標を提出した。

中国と日本の太陽光発電企業に対して、2018年は特別な一年である。中国の中央政府が2018年5月末に発表した政策変更と日本のFITが低下した場合によって、投資家は太陽光発電モジュールの出力を重視し始めた。その前に、一般的に補助金から収益を得ることで、今の収益が発電状況と直接に関連している。ジンコソーラーは、高品質と高効率のモジュールメーカーとして、政策変更の影響で、第3四半期までの2018年の出荷量が世界1位を維持する。

ジンコソーラーの高品質と高効率モジュールがグローバルの取引先の認可を得る。2019年の発展戦略として、ジンコソーラーは多くの地区の市場に入っても、競争しなく、現地企業と協力する形で発展することを期待している。日本市場を例として、ジンコソーラーはただ日本の現地企業と協力して、日本と世界にもっと素晴らしいエネルギーソリューションやクリーンエネルギーを提供している。2019年の発展目標につきまして、産業の発展、技術の研究開発、市場の拡大を通じて、ジンコソーラーは2019年の総出荷量が2018年に50%増加することに力を尽くし、その中で、日本市場の出荷量も50%増を目指している。

それ以外、2月27日の夜に、ジンコソーラー・ジャパンスワンパーティーが東京で盛大に開催された。約300人の日本のパートナーとメディアがパーティーに出席した。イベントでは、ジンコソーラーの新製品「Swan(スワン)」両面発電モジュールを発表し、そして、400W超高効率の新製品として、展示会でも多くの参加者から注目された。

「ジンコソーラーのSwanモジュールが世界初登場、両面高効率を保証する同時に他のBOSコストを変わらない、業界がモジュールに対する認知を再び転覆しました。ジンコソーラーはずっと製品技術の研究開発に力を尽くして、これからも世界にもっと素晴らしいエネルギーソリューションやクリーンエネルギーを提供します。」とジンコソーラーの副総裁の銭晶はコメントした。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2018年9月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで9.2GW、太陽電池で6.5GW、太陽光発電モジュールで10GWの年間総発電容量がある。

ジンコソーラーは世界で6ヶの生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2000人以上を雇用しております。

〒104-0031
東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る