• トップ
  • リリース
  • MSI、NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti搭載オーバークロックモデル「GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G」など2製品を発売

プレスリリース

Micro-Star International

MSI、NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti搭載オーバークロックモデル「GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G」など2製品を発売

(DreamNews) 2019年02月25日(月)09時00分配信 DreamNews

2019年2月22日 - Micro-Star International Co., Ltd. 台湾・新北市 - グラフィックスカード市場において、その性能の高さと品質で人気を誇るMicro-Star International(MSI)は、NVIDIAの最新メインストリームGPU、GeForce GTX 1660 Tiを搭載したオーバークロックグラフィックスカードとして、「GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G」と、ショート基板モデルの「GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G OC」の2製品を2月22日23時より販売いたします。市場想定価格(税別)は、それぞれ41,800円と35,980円です。




GeForce GTX 1660 Tiは、1536基のCUDAコアをTSMCの12nmプロセス技術で統合したTuringアーキテクチャのTU116コアを採用し、192bitメモリインターフェースをもつ6GBのGDDR6メモリを搭載した新しいメインストリームモデルです。GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6Gは、MSI独自基板を採用するとともに、トルクスファン3.0を2基搭載し、GPUと電源部を効率よく冷却するTwin Frozr 7冷却機構を採用することで、最大ブーストクロック1875MHzのオーバークロック時でも安定した動作を実現します。また、GPUの動作温度が60以下のときはファンの動作を停止するZero Frozrにも対応しています。ヒートシンクのファン周辺やカード上面にはRGB LEDを搭載し、Mystic Lightによりシステム構成にあわせて自分好みのライティングを実現することができます。

一方、GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G OCは、MSI独自のショート基板に耐久性と安定性にすぐれたアルミ固体コンデンサを採用した電源回路を組み合わせ、従来型ファンブレードと分散型ファンブレードを組み合わせたMSI独自のトルクスファンにより、GPUを効率的に冷却し、安定したオーバークロック動作を可能にしています。

いずれの製品も、MSI独自のオーバークロックユーティリティAfterburnerを利用することで、システムに応じてより高クロックかつ安定したオーバークロック動作を試すことができます。さらに、MSI製マザーボードやデスクトップPC、モニターなどをご利用の方は、MSI独自アプリケーションのDragon Centerにより、ひとつのユーティリティで簡単かつ包括的な設定を実現します。

両製品の主な仕様は以下のとおりです。

【製品仕様】




【製品情報】
GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1660-Ti-GAMING-X-6G
GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G OC
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1660-Ti-AERO-ITX-6G-OC

□お客さまからのお問い合わせ先
 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
 MSIお客様ご相談窓口
 E-mail:supportjp@msi.com
 URL:http://jp.msi.com/


MSIについて
MSIは世界を牽引するゲーミングブランドとして、ゲーミング業界とeSports業界からもっとも信頼されているベンダーの一社です。MSIは、デザインの革新性、卓越した性能の追求、そして技術のイノベーションという基本原則に則り動しています。すべてのゲーマーが熱望する機能を統合した製品を開発することで、ゲーミング機器に対する長い試行錯誤から解放し、ゲーマーの限界をも超えるパフォーマンス向上に貢献します。過去の実績をも乗り越えようという決意のもと、MSIは業界の中でもゲーミングスピリットをもった「真のゲーミング(True Gaming)」ブランドであり続けます。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る