• トップ
  • リリース
  • MSI、NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti搭載のフラグシップモデル「GeForce RTX 2080 Ti LIGHTNING Z」を発売

プレスリリース

Micro-Star International

MSI、NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti搭載のフラグシップモデル「GeForce RTX 2080 Ti LIGHTNING Z」を発売

(DreamNews) 2019年02月01日(金)11時00分配信 DreamNews

2019年2月1日 - Micro-Star International Co., Ltd. 台湾・新北市 - グラフィックスカード市場において、その性能の高さと品質で人気を誇るMicro-Star International(MSI)は、NVIDIAの最新アーキテクチャTuringを採用したGeForce RTXシリーズの最上位モデルとなるGeForce RTX 2080 Tiを搭載したフラグシップモデル「GeForce RTX 2080 Ti LIGHTNING Z」を2月2日に発売いたします。市場想定価格(税別)は、198,000円です。




「GeForce RTX 2080 Ti LIGHTNING Z」は、MSIオリジナル基板と冷却性を高めたヒートシンクの採用により、最大ブーストクロック1770MHzで安定動作を可能にし、GeForce RTX 2080 Tiの性能を最大限に引き出せるようにしたMSI製グラフィックスカードのフラグシップモデルです。

冷却機構には、MSI独自設計のトルクスファンをさらに進化させたトルクスファン3.0を100mm径×2と90mm径×1の3連ファン構成にしたTRI-FROZRを採用するとともに、ヒートシンクにも改良を加え、冷却性能をさらに高めています。また、分散型のファンブレードのひねりをさらに大きくすることでエアフローを加速し、冷却効率を向上させるとともに、従来型のファンブレードが大型ヒートシンクへのエアフローと空気の拡散を最大化し、GPUやメモリ、電源回路の冷却性を高めるトルクスファン3.0には、ダブルボールベアリングを採用し、耐久性と静音性も向上させています。

クーラー上面には、OLEDを採用したダイナミックダッシュボードを搭載し、自分だけのGIFアニメーションなどを再生することができるほか、本体背面にはカーボンファイバー製の軽量かつ、より堅牢なバックプレートを搭載。また、ファンブレードにRGB LEDを反射する素材を組み合わせることで、ファンそのものもカラフルなRGB効果を演出できるようになっています。

なお、本製品は、1月7日〜2月25日の期間中、GeForce RTX 20シリーズ搭載グラフィックスカードの購入者に対し「Battlefield V」および「Anthem」の両方のゲームコードをプレゼントする「Game Onキャンペーン」の対象モデルとなります。詳しくは、キャンペーン情報サイトをご参照ください。

本製品の主な仕様は以下のとおりです。

【製品仕様】




【製品情報】
GeForce RTX 2080 Ti LIGHTNING Z
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-RTX-2080-Ti-LIGHTNING-Z

【MSIキャンペーン情報ページ】
https://jp.msi.com/Promotion/game-on

【NVIDIAキャンペーン情報ページ】
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/campaigns/battlefield-v-anthem-bundle/

□お客さまからのお問い合わせ先
 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
 MSIお客様ご相談窓口
 E-mail:supportjp@msi.com
 URL:http://jp.msi.com/


MSIについて
MSIは世界を牽引するゲーミングブランドとして、ゲーミング業界とeSports業界からもっとも信頼されているベンダーの一社です。MSIは、デザインの革新性、卓越した性能の追求、そして技術のイノベーションという基本原則に則り行動しています。すべてのゲーマーが熱望する機能を統合した製品を開発することで、ゲーミング機器に対する長い試行錯誤から解放し、ゲーマーの限界をも超えるパフォーマンス向上に貢献します。過去の実績をも乗り越えようという決意のもと、MSIは業界の中でもゲーミングスピリットをもった「真のゲーミング(True Gaming)」ブランドであり続けます。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る