• トップ
  • リリース
  • 越後湯沢温泉観光協会の接客応対ツールで、スマイルコール(通訳サービス)が採用されました。

プレスリリース

株式会社インデンコンサルティング

越後湯沢温泉観光協会の接客応対ツールで、スマイルコール(通訳サービス)が採用されました。

(DreamNews) 2018年12月12日(水)09時00分配信 DreamNews



株式会社インデンコンサルティング(本社:京都市中京区、代表取締役社長:黒松高弘)は、同社が提供するテレビ電話を使ったリアルタイム通訳サービス「スマイルコール」を、2018年12月1日より越後湯沢温泉観光協会が導入したことを発表致します。


■サービス導入の背景
近年、全国的にスキーや雪遊びを目的とした外国人観光客が訪日するケースが増加しており、越後湯沢エリアは都心から最短70分と利便性が良いことも後押しされ、台湾・香港・韓国をはじめ、各国からたくさんのお客様が来ています。
「スマイルコール」導入前は、簡単な英語であればスタッフも対応できると考えていたのですが、外国人のお客様が増えるにつれて応対内容も複雑化していきました。一例をあげると、お客様が体調を壊されたときや、観光穴場の説明や行き方などの案内などです。ピーク時には外国人観光客が9割以上になることもあるため、既存のスタッフだけでは応対困難な状況もあり導入を進めました。


■湯沢温泉観光協会について
「TOKYOから70分で行ける雪国」をキャッチフレーズに、メジャー観光地では味わえない体験ができる「着地型観光」として取り組んでおります。世界でもっとも雪が降る地域として知られるエリア(湯沢町・南魚沼市・魚沼市・十日町市・津南町の新潟5 市町村と群馬県みなかみ町と長野県栄村)をsnow countryとして各地連携し、この地域の独自性を生み出しています。 外国人のお客様にも、雪遊びと共にこの豊かな大地で育った農産物や雪国ならではの醸造文化や伝統工芸品、雪国の暮らしをご案内しております。


■「スマイルコール」について  https://myco.jp/main/
ビデオ通話を利用して顔と顔を合わせながら、英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語の5言語を24時間365日通訳できるサービスです。2012年にサービス開始し、 現在では日本全国で14,000施設を超える導入実績があります。

【本件に関するお問い合わせ先】 
株式会社インデンコンサルティング 広報企画部:前田(まえだ)
TEL:075-256-5559  MAIL:t.maeda@inden.ne.jp



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る