• トップ
  • リリース
  • 伝統産業の転換とイノベーションの執行者、 台台湾アートファッション産業が台北シティにセンスある新たな美学を

プレスリリース

伝統産業の転換とイノベーションの執行者、 台台湾アートファッション産業が台北シティにセンスある新たな美学を

(DreamNews) 2018年11月02日(金)18時00分配信 DreamNews

長きに渡りファッションブランドを開拓してきた、台湾アートファッション協会理事長の周珊旭さん、メルセデスベンツ台湾販売代理店マーケティングディレクターの呂家儀さん、台北花卉産地販売会呂社副会長は、生活美学ブランドを打ち立てるという3人共通の理念のもと、平時から各々の商品が持つコア価値の向上に尽力しつつ、仕事の合間を縫って複数領域をリンクさせ、台北の都市美学スタイルを打ち立ててきました。今回のイベント「台北スタイルディ」」を通して、今後も多くの美的要素により台北という都市が持つ特色を紹介してくれるでしょう。
<開催概要>
イベント名:「2018台北スタイルディ」
開催日時:2018年10月28日(日))〜2018年11月1日(木))10時から20時
開催場所:MRT中山駅と円山駅(住所:台北市玉門街1号)



今回のイベントにはMilu Design Co.,Ltdが主催し、台北花卉等6社とアートファッション協会、文華苑フラワーアート、ミル・デザイナーKenny、青年パフォーマンス団体が共同で参加。いかにして台北のブランド化を進めるかについて全員で協力し合い、「2018台北スタイルディ」を足がかりとして多くの産業と提携を進め、豊かで美しい都市をクリエイトしつつ、地元の既存の景色とリンクさせて国際都市の視座を高めるべく取り組んでいます。

台湾アートファッション協会理事長の周珊旭氏は、台北市にある地元のファッションと創意が大きく成長するとき芸術の持つエネルギーが放出され、ネットワークの迅速な発達も相まって台北市は瞬く間に「アイディアとセンス」に満ちた都市だと連想されるようになるとし、これもブランド都市としての姿を浮かび上がらせる形の一つだと言います。主催者の一員である花卉公司の呂副会長も、たたき台として昨年「一束の鮮花」の提案をして美しい理念が生み出され、今年は更に台北市民と6大企業が共同で「都市美学」の理念を推し進め、都市の未来発展をリードしていると述べ、現実と、美学のある生活が同時に台北市で実現するよう期待しているそうです。

都市ブランドの構築に積極的に打ち込むデザイナーの面々は、今回のイベントを台北市民の日常生活と結び付け、自らのテンポと理想のもとに、午後に開催されたパーティーで台北の特色を具体的に浮かび上がらせ、都市の素晴らしい食と美、居住を強く実感できるものにしました。信念をもって続けることで生まれるセンスのある暮らし。パリが持つ美学への固持であれ、或いは絶え間なく新しいアイディアを生み出す姿勢であれ、私たちは自らの殻を破って都市を定義する「「台北スタイルディ」を打ち出し、世界と肩を並べなければならないのです。

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:Milu Design Co.,Ltd.
担当者:Kenny Su
TEL:886-2 -89115598
FAX:886-2-89118227
E-Mail:Kenny_su@milu-design.com

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る