• トップ
  • リリース
  • 入社祝いとして最大100万円分の旅行権をプレゼント!遊びで地方創生を目指す遊びの投稿メディア「PLAYLIFE」を運営するプレイライフが、新制度を開始。

プレスリリース

プレイライフ株式会社

入社祝いとして最大100万円分の旅行権をプレゼント!遊びで地方創生を目指す遊びの投稿メディア「PLAYLIFE」を運営するプレイライフが、新制度を開始。

(DreamNews) 2018年10月29日(月)15時00分配信 DreamNews



リアルな遊びをプロデュースするメディア「PLAYLIFE」を運営するプレイライフ株式会社( 本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:佐藤太一、以下、プレイライフ)は、新人事制度として、エンジニア職の社員の国内旅行のサポートとして最大100万円分の費用を負担する「入社祝い旅行権プレゼント制度」の運用を10月29日より開始致しました。

【PLAYLIFEについて】

「PLAYLIFE」は月間300万人以上が利用する日本最大級の遊びの実体験投稿メディアです。ユーザーが実際に体験し、楽しかった体験を遊びのノウハウとしてプラン化することで、あそび情報を検索・共有・投稿できます。また、地方創生に貢献できるメディアでもあり、「遊びを通して社会問題を解決していく」という理念を掲げています。(サイト URL : http://play-life.jp

【新人事制度「入社祝い旅行権プレゼント制度」について】

プレイライフは、「遊びで人と地域をつなげる」をビジョンとして、リアルな遊びをプロデュースするメディア「PLAYLIFE」の運営を行っています。地域の魅力を「遊び」という観点から再発掘し、あるいはコーディネートして世の中に発信することで、地方創生へ貢献しています。

「遊び」をテーマに事業を行っているため、仕事も「遊び」に変えることで、生産性の向上を図ったり、社員のスキルアップを狙った人事制の運用を行っておりますが、今回はその一環として、条件を満たす社員に対し、最大100万円分の旅行費用を支給する制度を制定致しました。

こちらは、社員の英気を養うとともに、旅行として地域のスポットに赴くことで、新たな人との出会いや、様々な価値観に触れ、その実体験をサービス開発に役立てることを狙いとしております。



【制度適用の条件】
・本制度運用開始後に、プレイライフへエンジニア職の社員として入社していること
・最長3ヶ月の試用期間を終了していること

【制度利用ルール】
・制度を適用した旅行期間は1ヶ月以内
・制度利用中、休職とするかリモートワークで業務を行うかは選択可能
・国内における交通費及び宿泊費を支給
・かかった費用のうち最大100万円分までの実費を会社が負担

【応募方法】
以下の採用サイトよりご応募ください。
https://www.wantedly.com/projects/253071

【その他の人事制度】

プレイライフ では、今回の制度以外にも、エンジニア職だけでなくクリエイティビティが必要とされる全ての社員に対して生産性の向上を目的とし、下記のような人事制度を運用しております。

・「9:1イノベーションワーク」制度
1週間のうち10%の業務時間は通常業務とは別の革新的なインプットになること(遊びスポットや地方創生に関する調査、勉強会参加、同業他社と情報交換)にあてることができる制度です。

・「遊びのお小遣い」制度
社員が家族や恋人・友人と新しいスポットなどに遊びに行くための補助金を月5万円まで支給する制度です。「遊び」をテーマにしている会社として、社員にしっかり遊んでもらいたいという想いからできたものです。

・「インドア派遊びサポート」制度
インドアの遊びを好む社員に対して運用されている制度で、ゲーム機やソフトの発売日に休暇を取得することができ、またVRヘッドセット「Oculus Go」(オキュラスゴー)のプレゼントを行っています。

・「ビストロPLAYLIFE」
メンバー数名でチームを組んでチーム対抗となってキッチンで料理を作り、社員や副業パートナーを含めた「PLAYLIFE」を作り上げるメンバーみんなで昼食や夕食を食べる食事補助です。

【プレイライフ株式会社 会社概要】

【会社名】  プレイライフ株式会社(https://playlife.co.jp
【所在地】  東京都渋谷区神宮前4-22-7 AURA表参道301
【代表者】  代表取締役CEO 佐藤 太一
【事業内容】 ソーシャルメディアの企画・開発・運営
〈問い合わせ先〉 広報担当(佐藤)
Mail:info@play-life.jp / TEL:070-1452-3344

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る