• トップ
  • リリース
  • ジェクシード、RPAのUiPathと開発リソースパートナー契約を締結 〜ERPやHCMと連携した業務の効率化支援サービスを拡張〜

プレスリリース

株式会社ジェクシード

ジェクシード、RPAのUiPathと開発リソースパートナー契約を締結 〜ERPやHCMと連携した業務の効率化支援サービスを拡張〜

(DreamNews) 2018年10月04日(木)11時00分配信 DreamNews

株式会社ジェクシード(東京都千代田区、代表取締役:野澤裕 以下「ジェクシード」)は、RPA(Robotics Process Automation)領域における先進的企業であり、世界で1,800社以上、日本国内において500社以上の企業に導入実績のあるUiPath株式会社(東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath」)とUiPath開発リソースパートナー契約を締結し、本日よりUiPath開発リソース・パートナー・プログラムに参画します。
昨今、働き方改革を推進する日本の企業や地方自治体などを中心に、業務の効率化や生産性の向上を目的として、RPAの導入が急速に普及しています。今後、RPAは、一部のデスクトップによる定型業務の自動化から、BPM(Business Process Management)と連携した一連の業務の自動化や機械学習と連携した非定型業務の自動化に発展していくことが期待されており、ERP(Enterprise Resource Management)やHCM(Human Capital Management)の業務システムとの連携が注目されています。
ジェクシードは、これまで23年以上に渡り、業種・業態を問わず150社以上の企業に対して、業務改善コンサルティング、ERPソリューションの導入・運用支援、タレントマネジメントを含むHCMソリューションの導入・運用支援を行って参りました。
本パートナー契約の締結により、ジェクシードでは、UiPathのRPA製品の導入・保守支援コンサルティングサービスの提供を開始するとともに、ERP、HCMソリューションやクラウドアプリケーションとの連携による業務の自動化の支援を行ってまいります。また、RPA導入による効果を拡大するために、BPMやAIの適用、デジタル・トランスフォーメーションとの整合、RPAの認証や権限管理などのセキュリティ定義等へコンサルティングサービスの範囲を拡張していく予定でおります。

■ ジェクシードのRPAコンサルティングサービスについて
・RPA化対象業務アセスメントサービス
・UiPath PoCサービス
・UiPath 導入支援サービス
・UiPath 環境構築サービス
・UiPath 保守サービス
・UiPath トレーニング(ユーザ向け、管理者向け)

■ UiPathについて
UiPathは、企業における業務プロセスを効率的に自動化するためのソフトウェアプラットフォームを提供する、世界のトップRPAカンパニーです。米国を本社とし、日本、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリア等に拠点を持ち、約1,800社のRPAによる自動化実績を有しています。日本法人は2017年2月に設立され、日本国内において、500社以上(2018年8月末現在)のお客様で採用されています。
より詳細な情報は、UiPathのウェブサイトをご参照ください。
URL https://www.uipath.com/ja/

■ ジェクシードについて
社名   株式会社ジェクシード(Gexeed Co.,Ltd.)
所在地  東京都千代田区神田錦町3−17−11
代表者  代表取締役 野澤 裕
資本金  12億2千118万円(東証ジャスダック市場上場)
事業内容 コンサルティング事業
URL   https://www.gexeed.co.jp/

■お問い合わせ先
株式会社ジェクシード ビジネス開発部
TEL:03-5259-7010
e-Mail:business_development at gexeed.co.jp (atは@となります)

プレスリリースのお届け先のご変更・追加、また今後の配信方法のご変更(電子メール・FAX)に関しては、上記担当までご一報賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
各社名や、製品名、サービス名、商品名等は各社の商標または登録商標です。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る