• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所プレスリリース】フィールドワーク支援ソリューションシステム設置数を予測(2018年)-2017年度の設置数は前年度比192.6%の4,970システム-

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所プレスリリース】フィールドワーク支援ソリューションシステム設置数を予測(2018年)-2017年度の設置数は前年度比192.6%の4,970システム-

(DreamNews) 2018年09月28日(金)13時00分配信 DreamNews

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年の国内のフィールドワーク支援ソリューション市場を調査し、産業分野や業務内容別の需要動向を明らかにし、今後の設置システム数を予測いたしました。

2017年度のフィールドワーク支援ソリューションシステム設置数は前年度比192.6%の4,970システム
〜団塊世代が作業現場から去り、現場での人手不足がより顕在化する2020年度以降、システム設置数は急速に増加すると予測〜

1.調査期間:2018年2月〜8月
2.調査対象:国内の主要ソリューション事業者
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話調査、アンケート調査、文献調査を併用
4.発刊日:2018年8月31日

<フィールドワーク支援ソリューションとは>
本調査におけるフィールドワーク支援ソリューションとは、ユニフォームを着て作業する現場作業者の仕事をサポートするITテクノロジーを用いたシステムを指し、IoT/ネットワークを基盤として、作業補助・支援による業務負担低減や作業効率向上、人材育成・教育、ノウハウ継承、安全対策などを目的として導入される。
製造業、建設業、インフラ/防災、運輸/倉庫業、物流、警備業、医療、介護/ヘルスケア、ビル管理業、農林水産業などの産業分野で、導入のためにPoC(Proof of Concept:概念実証)や実証試験が開始されている。また、システムはIoT/インターネット接続機能を持つ、スマートグラスやスマートウォッチ、ストレッチャブルデバイス(ウェアタイプ、バンドタイプなど)、HMD(Head Mounted Display)等のスマートデバイス、スマートフォン/タブレット、カメラ、各種ロボット、ドローンなどの各種デバイス・機器から構成される。

プレスリリースの詳細は以下をご参照ください。

■プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/1986
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/





推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る