• トップ
  • リリース
  • プロメテック・ソフトウェア顧問に元NVIDIA杉本博史氏が就任

プレスリリース

プロメテック・ソフトウェア株式会社

プロメテック・ソフトウェア顧問に元NVIDIA杉本博史氏が就任

(DreamNews) 2018年09月06日(木)09時00分配信 DreamNews

プロメテック・ソフトウェア株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤澤智光)は、2018年9月1日より、顧問として杉本博史氏が参画することをお知らせいたします。

杉本氏は、サン・マイクロシステムズ株式会社において日本法人の設立に関わる他、主に新規事業開発を中心に様々な部門の責任者を歴任、2004年には取締役マーケティング統括本部長に就任され国内において同社の礎を築かれました。その後、2009年にNVIDIA合同会社に米国本社のディレクターとして入社、GPUをコンピューティングに活用する事業の日本責任者に就任され、スーパーコンピュータやCAEなどHPC分野でのGPUの活用を推進し、2014年からは国内におけるディープラーニングの普及活動を中心に手腕を発揮されました。このたび、杉本氏には、顧問としてプロメテック・ソフトウェアに参画いただき、プロメテック・ソフトウェアのCAE事業、AI/GPU関連の新規事業およびプロメテック・ソフトウェアの関係会社であるGDEPソリューションズのGPUプラットフォーム事業の事業開発、付加価値の向上に注力いただきます。杉本氏の豊富な経験とNVIDIA時代の見識を活かし、プロメテックグループは成長を加速してまいります。

杉本 博史(すぎもと ひろし)氏 略歴
1983年同志社大学理工学部電子工学科卒業。1987年よりサン・マイクロシステムズ株式会社に参画し日本法人設立に関わるほか、新規事業開発を中心に様々な部門の責任者を歴任し、2004年には取締役マーケティング統括本部長に就任。その後2009年にNVIDIAの米国本社のディレクターとして入社。日本法人においてGPUをコンピューティングに活用する事業の責任者となり、スーパーコンピュータやCAEなどHPC分野でのGPUの活用を推進。2014年からは国内におけるディープラーニングの普及活動に取り組む。2017年にAI・ディープラーニングの教育とキャリアアップを支援する事業および障害者支援を行う株式会社キーリンクスを設立し、代表を務める。
プロメテック・ソフトウェア株式会社について (http://www.prometech.co.jp
プロメテック・ソフトウェア株式会社は、東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻出身の藤澤智光と、同大学大学院工学系研究科システム創成学専攻の越塚誠一教授により、2004 年 10 月に東京大学発ベンチャーとして設立されました。東京大学ほか諸大学との密接な産学連携体制を有し、新進気鋭の技術者が常に最新の研究成果を取り入れて、産業界にソフトウェア製品やソリューションを提供しています。設立から十数年、自動車業界をはじめ、電機、機械、化学、土木、医薬、食品、エネルギーなど幅広い業界にユーザー層が拡がっています。現在では国内だけにととどまらず、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど海外のパートナーとの協業も拡大し、グローバルソフトウェア企業として成長を続けています。プロメテック・ソフトウェア株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧下さい。
URL: www.prometech.co.jp

本件に関するお問い合わせ プロメテック・ソフトウェア株式会社 経営企画部 マーケティングチーム: 鈴木崇彦
Tel:03-5842-4082 Fax:03-5842-4123  E-mail: marketing@prometech.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る