• トップ
  • リリース
  • 睡眠アプリの統計調査|日本国民の世代ごとの平均睡眠時間が明らかに

プレスリリース

睡眠アプリの統計調査|日本国民の世代ごとの平均睡眠時間が明らかに

(DreamNews) 2018年08月21日(火)09時00分配信 DreamNews

株式会社C2(シーツー)(東京都文京区湯島 代表取締役 安田昭夫)は2018年8月1日、自身が運営する睡眠管理アプリ「熟睡アラーム」の利用状況に基づく睡眠の統計調査を公開しました。
第1回目の題材は、年代ごとの平日・土曜日・日曜日の平均睡眠時間です。

年代ごとの平日・土曜・日曜の平均睡眠時間
統計期間は2018年6月の1ヶ月間で、対象ユーザ数は日本国内の9,282名です。
表とグラフは、年代ごとの平日、土曜日、日曜日の平均睡眠時間、および週の平均睡眠時間を示します。表に限り、平日・土曜日・日曜日ごとの全体の平均睡眠時間を加えています。





全年代の平均睡眠時間は6時間11分
本統計では、全年代の平均睡眠時間は6時間11分でした。統計対象がスマートフォンを利用するユーザに限定されるものの、総務省統計局が公開する平成28年度の平均睡眠時間(7時間40分)に対して大きな開きがあることが分かりました。
総じて年代が上がるほど睡眠時間が長くなる傾向ですが、平均睡眠時間が一番長い70歳以上であっても7時間に満たない結果となりました。
※70歳以上は100名に満たないので、参考値となります。

土日の“寝だめ”は10代が顕著
男女平均で平日は5時間52分、土曜日は6時間17分、日曜日は6時間24分と、平日<土曜<日曜の順に睡眠時間が長くなる傾向であることが分かりました。
ただし男性は70代以上、女性は60代以上から平日<日曜<土曜となり、土曜日と日曜日の平均睡眠時間に逆転が見られます。
男女いずれも10代の平日の睡眠時間が一番短く、さらに土曜・日曜日の睡眠時間の差が一番大きくなり、「土日に寝だめする」傾向が一番高くなります。

女性の平均睡眠時間は50代が一番短い
本統計では、40代までは女性の方が睡眠時間が長く、50代からは男性の方が睡眠時間が長くなることが分かりました。
男性の週間平均睡眠時間は10代<30代<20代<40代<50代<60代<70歳以上となり、10代が一番短い睡眠時間となりました。
女性の週間平均睡眠時間は、50代<10代<40代<60代<20代<30代<70歳以上となり、50代が一番短い睡眠時間となりました。グラフで分かるように、女性の場合は30代から50代にかけて平日・土曜・日曜とも睡眠時間が徐々に短くなる傾向であることが分かりました。

熟睡アラーム
URL:http://jukusui.com/

※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社C2
担当者:宮園(みやぞの)
電話番号:03-3830-0260
問い合わせ:http://www.c2inc.co.jp/contact.php
Email:contact@c2inc.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る