• トップ
  • リリース
  • リンクス、Apple正規MFi認証を取得、Lightningコネクタ専用 日本語かな印字キーボード「Lightning KANA Keyboard」を2018年8月4日より発売

プレスリリース

株式会社リンクスインターナショナル

リンクス、Apple正規MFi認証を取得、Lightningコネクタ専用 日本語かな印字キーボード「Lightning KANA Keyboard」を2018年8月4日より発売

(DreamNews) 2018年07月31日(火)09時00分配信 DreamNews

株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役:川島義之)は、Apple正規MFi認証を取得 iPad、iPhone、iPod touchに対応、Lightningコネクタ専用 日本語かな印字キーボード、Lightning KANA Keyboardを2018年8月4日より、全国の家電量販店や専門店にて発売いたします。



◆Lightning KANA Keyboard

Lightning KANA Keyboardは、Lightningコネクタ専用、日本語かな印字がされたキーボードです。Apple社の正規ライセンス「MFi」認証を取得、Lightningコネクタを備えたiOS搭載製品、iPad、iPod、iPod touchに対応します。専用アプリや設定を必要としないプラグアンドプレイに対応、バッテリー不要でLightningコネクタから直接電源を取得、接続した直後にキーボード入力をすることができます。横幅285mm、奥行120mm、高さ20mm、キー数78のコンパクトなテンキーレス仕様、100万回のキーストロークに耐える高耐久設計と、シンプルなデザインは携行性に優れ、学校・ビジネス・プライベートなどシーンを選ばずご利用いただけます。

◆Lightning KANA Keyboard製品特徴

・専用アプリや設定を必要としないプラグアンドプレイ対応
専用アプリや特別な設定を必要とせず、Lightningコネクタを接続するだけで簡単に使えるプラグアンドプレイに対応しています。接続した直後にキーボード入力をすることができます。無線接続と比較して混線や接続状況に起因するトラブルがなく、公共の場においてもキー入力したデータのセキュリティも確保されます。

・バッテリー不要、Lightningコネクタから直接電源取得
キーボード本体はバッテリーを必要とせず、Lightningコネクタから直接電源を取得します。Lightningコネクタを備えたiOSデバイスにおいて手軽で簡単にタイピングが可能です。

・キー数78のコンパクトなテンキーレス仕様
横幅285mm、奥行120mm、高さ20mm、キー数78のコンパクトなテンキーレス仕様です。チルト設計による緩やかな傾斜が軽快なタイピングをサポートします。

・100万回のキーストロークに耐える高耐久設計
19mmのキーピッチを確保したアイソレーションタイプのキーボードです。100万回のキーストロークに耐える高耐久設計と、シンプルな外観でデザイン性も兼ね備えています。



【発売詳細】

◆型番
KB-LT-KANA

◆発売日
2018年8月4日

◆希望小売価格
オープン

◆製品情報ページ
http://www.links.co.jp/item/lightning-kana-keyboard/

◆高解像度
http://www.links.co.jp/wp-content/uploads/2017/07/Lightning-KANA-Keyboard.zip

※製品の仕様と情報は、予告なく変更される可能性があります。



報道関係のお問い合わせ先:
株式会社リンクスインターナショナル
広報担当 阪口
TEL:03-5812-6149 FAX:03-5812-5821
東京都千代田区外神田6-15-11 日東ビル2階
URL: http://www.links.co.jp
E-mail: pr@links.co.jp

読者からのお問い合わせ先:
株式会社リンクスインターナショナル 営業部
TEL:03-5812-5820 FAX:03-5812-5821
東京都千代田区外神田6-15-11 日東ビル2階
URL: http://www.links.co.jp
E-mail: support@links.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る