• トップ
  • リリース
  • サイランス、脅威レポート2017を公開 人工知能が防御したサイバー攻撃の洞察

プレスリリース

Cylance Japan株式会社

サイランス、脅威レポート2017を公開 人工知能が防御したサイバー攻撃の洞察

(DreamNews) 2018年07月26日(木)11時30分配信 DreamNews

機械学習を用いて予測脅威防御された数百万件の攻撃に関しての詳細レポート

AI(人工知能)を活用してAPTやマルウェア攻撃を未然に防ぎ、サイバーセキュリティに革新をもたらしているCylance(R) Inc.(以下、サイランス)は、7月26日、「サイランス脅威レポート2017(Cylance 2017 Threat Report)」日本語版を公開しました。160カ国の政府機関や組織から得られたデータを元に作成された本レポートは、2017年にサイランスの顧客に影響を及ぼした重大なサイバー脅威や業界トレンド・分析などがまとめられています。

注目すべきポイント
● 破壊的な攻撃は増加の一途をたどっているが、とりわけランサムウェアファミリは、1年間で3倍にも増加しており、特に医療業界に大きな影響を及ぼしている。
● 2017年の攻撃の多くが、攻撃が発生する9ヶ月以上前から報告されていた既知の脆弱性を悪用したものだった。
● 最も一般的な感染ベクトルは、引き続きフィッシングメールとドライブバイダウンロードだった。
● 食品業界が特に多くの攻撃を受けた。

本レポートでは、マルウェアの亜種が急激に増加しており、それらが容易に展開されてしまうことについても考察を加えています。マルウェアの亜種については、その寿命の短さから、脅威の検出をシグネチャに依存している従来のセキュリティソリューションの課題となっています。対して、サイランスが阻止した脅威の多くは他の環境では発見されておらず、高度なマルウェアの検出・防御技術の採用を検討している組織のニーズに対応できることがわかります。

2017年に攻撃の感染が増えて巧妙化が進んでいることを鑑みると、サイバー犯罪者が組織が採用している従来の保護機能を回避するために、マルウェアや攻撃手法を巧みに改良していることがわかります。各社がこれらの脅威を認識し、常に最新のパッチを適用して、進化し続けるマルウェアにも対処できる防御機能を採用することが極めて重要になります。

「脅威レポート2017」では、個々の業界におけるマルウェアの影響について解説するとともに、WannaCry、Upatre、Cerber、Emotet、Locky、Petya、Ramnit、Fareit、PolyRansom、Terdot/Zloaderの10大マルウェアファミリーについて掘り下げて解説しています。また、新たなサプライチェーン攻撃や、急増するランサムウェア攻撃とそれらの攻撃の影響を受ける主要な業界、暗号通貨のマイニングの増加、ウォレットスワイプ型トロイの木馬、ファームウェアやハードウェアの脆弱性など、その他の脅威の動向についても説明しています。

サイランスのセキュリティ調査担当リーダーであるAditya Kapoorは、次のように述べています。「2017年の攻撃や脅威は、サイバー犯罪者の巧妙さと破壊力を再認識させるものでした。保護を必要とするエンドポイントの数や種類は急増し、攻撃は多様化しており、そうした攻撃手段を容易に利用して武器にすることができます。あらゆる指標が破滅的な状況を示しているのです」。

「サイランス脅威レポート2017」の日本語版はこちらからダウンロードできます。
https://pages.cylance.com/ja-jp-2018-07-26-cylance-threat-report-2017.html

Cylance Inc.について
サイランスは、人工知能(AI)、アルゴリズム技術、および機械学習をサイバーセキュリティに応用し、高度なセキュリティ問題を未然に解決することを可能にした初の企業です。画期的な予測分析プロセスに基づいて構築されたCylance AIプラットフォームは、クリティカルな攻撃経路に対処する革新的なAIを活用したセキュリティ製品の基盤となります。同社の主力製品であるCylancePROTECTは、安全か脅威かを迅速かつ正確に識別し、標的となったシステムで有害なコードが実行されるのを阻止します。洗練された機械学習とAIを攻撃者の心理に関する独自の見識と組み合わせ、高度な脅威に対して真の予測および防御が可能なテクノロジーとサービスを提供します。詳しくは、下記Webサイトをご参照ください:https://www.cylance.com/ja_jp/home.html

サイランスのプレスリリースと最新ニュースは下記のWebサイトをご覧ください。
https://www.cylance.com/jp-company-news-press-releases

本プレスリリースは以下のWebサイトでも入手できます。
https://www.cylance.com/ja_jp/company/news---press/jp-cylance-2017-threat-report-provides-insight-into-attacks-prevented-with-artificial-intelligence.html

Cylance Japanのソーシャルメディア
Facebook:https://www.facebook.com/CylanceJapan/
Twitter:https://twitter.com/CylanceJapan

*Cylance(R) および CylancePROTECT(R) は、米国および諸外国における Cylance Inc. の登録商標または商標であり、その使用には事前の書面による許可が必要になる場合があります。その他の商標の所有権は各所有者に帰属します。


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>
Cylance Japan株式会社
担当:三浦
電話:03-6386-0061
Email: prjapan@cylance.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る