• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所プレスリリース】ADAS/自動運転用センサ世界市場に関する調査を実施(2018年)-ADAS/自動運転用センサの世界市場規模は2030年に3兆円を突破-

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所プレスリリース】ADAS/自動運転用センサ世界市場に関する調査を実施(2018年)-ADAS/自動運転用センサの世界市場規模は2030年に3兆円を突破-

(DreamNews) 2018年06月29日(金)13時00分配信 DreamNews

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、ADAS/自動運転用キーデバイス・コンポーネントの世界市場の調査を実施し、ADAS/自動運転で搭載されているセンサの市場概況、技術動向、個別メーカの事業戦略を明らかにし、2030年までの世界市場規模をセンサ種類別に予測いたしました。

ADAS/自動運転用センサの世界市場規模は2030年に3兆円を突破
〜レーダ、カメラ、LiDARのセンサフュージョンが進展しクルマ一台当たりの搭載個数が拡大〜

1.調査期間: 2017年8月〜2018年5月
2.調査対象: 自動車メーカ、カーエレクトロニクスメーカ、半導体メーカ、センサメーカ
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2018年5月31日

<ADAS/自動運転用センサとは>
先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driving Assistant System、以下ADAS)は、車両のフロントやサイド、リアに装着されたセンサデバイスにより車両の周辺状況を検知し、事故を未然に防ぐシステムである。自動運転はADAS技術の発展系であり、車両に搭載されたセンサ、高精度地図、通信機能などによりドライバーに代わってシステムが運転の主導権を持つシステムであり、自動化レベルに応じて6段階に定義されている。

本調査におけるADAS/自動運転用センサとは、車両のフロントおよびサイド、リアに搭載された各種センサユニット(レーダ、カメラ、赤外線レーザ、超音波センサ)などを指す。いずれも、乗用車および車両重量3.5t以下の商用車に搭載されるキーデバイス/コンポーネントを対象とする。

プレスリリースの詳細は以下をご参照ください。

■プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/1915
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る