• トップ
  • リリース
  • 自ら発信できる地方創生人材の育成のための「Webマーケティング研修」の提供をPLAY LIFEがスタート〜福岡銀行では、若手人材育成の一環としてトライアル実施〜

プレスリリース

プレイライフ株式会社

自ら発信できる地方創生人材の育成のための「Webマーケティング研修」の提供をPLAY LIFEがスタート〜福岡銀行では、若手人材育成の一環としてトライアル実施〜

(DreamNews) 2018年07月19日(木)17時30分配信 DreamNews

リアルな遊びをプロデュースするメディア「PLAYLIFE」を運営する、プレイライフ株式会社( 本社:東京都港区 代表取締役CEO:佐藤太一、以下、PLAYLIFE)は、自治体や地銀など地元職員が自ら地元の魅力を発信することで、長期的な地域経済の発展と活性化を行えるよう、地方創生Webマーケティング研修の提供を本日より開始したことを発表いたします。

2018年7月19日
報道関係者各位                              プレイライフ株式会社

リアルな遊びをプロデュースするメディア「PLAYLIFE」を運営する、プレイライフ株式会社( 本社:東京都港区 代表取締役CEO:佐藤太一、以下、PLAYLIFE)は、自治体や地銀が自ら、長期戦略として地域経済の発展と活性化を行えるよう、若手人材育成向けの地方創生Webマーケティング研修の提供を本日より開始したことを発表いたします。

■地元若手スタッフが自ら地元の魅力を発信できるWebマーケティング研修をスタート
これまで、数々の地方の遊びプランを掲載し、自治体とのコラボ企画を行ってきた実績から、今後は地方の自治体や地銀自らが継続的に地域の魅力を発信していく必要があると考え、若手教育のために地方創生Webマーケティング研修を提供していくことにいたしました。この研修を行うことで、各地域で地元の魅力を再発見し、発信することができる人材を育てます。


■提供していく研修メニューについて
今回提供していく研修メニューは、以下となります。PLAYLIFE代表の佐藤や役員の下吉をメイン講師とし、現役で活躍中のプランナーもサポート講師プランナーとして参加いたします。




1日のコースでWebマーケティングの基礎、取材、コンテンツ制作を行い発表と振り返りまで行います。
それを受け3か月コースでは、政策したコンテンツの効果分析を行うことができます。

<主に得られるメリット>
・生活者視点の向上
・地元の魅力の理解促進
・個人の発信力の向上
・Web・SNS活用の基礎知識習得
・アウトプットとして「おでかけプランの」作成まで習得が可能

<基礎講座の内容例>
・地域におけるWebマーケティングとは?
・Web&SNSの活用事例と情報発信方法
・コンテンツ制作(ターゲットとテーマ設定を行いプランニング)
・スマホでの写真撮影研修
・コンテンツ作成とフィードバックなど

◇Webマーケティング研修(1日コース)

◇振り返り研修
作成したコンテンツの分析(ターゲットがコンテンツによってどのような行動をしたか分析)。
分析を受け、より効果のあがるコンテンツ修正を行うための研修を実施。

<導入事例>
トライアルとして福岡銀行様にWebマーケティング研修1日コースを実施いたしました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
【PLAYLIFEについて】

「PLAYLIFE」は月間300万人以上が利用する日本最大級の遊びの実体験投稿メディアです。ユーザーが実際に体験し、楽しかった体験を遊びのノウハウとしてプラン化することで、あそび情報を検索・共有・投稿できます。また、地方創生に貢献できるメディアでもあり、「遊びを通して社会問題を解決していく」という理念を掲げています。(サイト URL : http://play-life.jp


<プレイライフ株式会社 会社概要>

【会社名】  プレイライフ株式会社(https://playlife.co.jp
【所在地】  東京都港区南青山1丁目10-6ファミリー青山ビル5F
【代表者】  代表取締役CEO 佐藤 太一
【事業内容】 ソーシャルメディアの企画・開発・運営
〈問い合わせ先〉 広報担当(佐藤)
 Mail:info@play-life.jp / TEL:03-6447-0760




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る