• トップ
  • リリース
  • 『スマカメ』をGoogle HomeやAmazon Alexaから操作できる『プラネックス・イフト・サービス』を開始

プレスリリース

プラネックスコミュニケーションズ株式会社

『スマカメ』をGoogle HomeやAmazon Alexaから操作できる『プラネックス・イフト・サービス』を開始

(DreamNews) 2018年06月22日(金)11時30分配信 DreamNews

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、かんたんネットワークカメラ『スマカメ』シリーズをGoogle HomeやAmazon Alexaなどスマートスピーカーから操作できるようになる『プラネックス・イフト・サービス』を6月22日よりベータ版として開始いたします。


プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、かんたんネットワークカメラ『スマカメ』シリーズをGoogle HomeやAmazon Alexaなどスマートスピーカーから操作できるようになる『プラネックス・イフト・サービス』を6月22日よりベータ版として開始いたします。

『スマカメ』を他のWebサービスやデバイスと組み合わせることでより便利にご利用いただけるようになります。スマートスピーカーと連動させることで、スマホ上のアプリ操作をすることなく、声のみで『スマカメ』の設定が変更できるようになります。
このような便利なサービスをかんたんにお使いいただけるよう、弊社があらかじめ設定した「毎日決まった時間に見守りモード開始/終了」「音声で見守りモード開始/終了」といったメニューを『プラネックス・イフト・サービス』として提供します。




『プラネックス・イフト・サービス』はIFTTTを利用しております。

※IFTTT(イフト)とは
あらかじめアプレットと呼ばれるルールを作成しておくことでSNSやスマートスピーカー、カメラなどの異なるアプリケーションやデバイス同士を連携させるWebサービス。IFTTTというサービス名称は「If This, Then That(もし○○したら、その時△△する)」の頭文字からつけられています。

『プラネックス・イフト・サービス』についてはこちら
http://www.planex.co.jp/products/ifttt/



□□対応『スマカメ』□□
・CS-QV60F
・CS-QR30F
・CS-QR100F
・CS-QR300
・CS-QR220
・CS-QR20
・CS-QR22
・CS-QR30
・CS-QR10




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る