• トップ
  • リリース
  • ITスキルアセスメント「GAIT」のインドでの総受験者数が3万人を突破 〜ITスキル評価によって、インド学生の就職支援と日本企業のエンジニア採用のマッチングを推進〜

プレスリリース

日本サード・パーティ株式会社

ITスキルアセスメント「GAIT」のインドでの総受験者数が3万人を突破 〜ITスキル評価によって、インド学生の就職支援と日本企業のエンジニア採用のマッチングを推進〜

(DreamNews) 2018年06月05日(火)10時00分配信 DreamNews

日本サード・パーティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)は、ITスキルアセスメント「GAIT」(ゲイト)のインドでの受験結果を公開し、3年間での受験者数が3万人を超えたと2018年6月5日に発表しました。

日本サード・パーティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)は、ITスキルアセスメント「GAIT」(ゲイト)のインドでの受験結果を公開し、3年間での受験者数が3万人を超えたと2018年6月5日に発表しました。

JTPは、2012年より、ITスキルを数値で可視化ができるITスキルアセスメント「GAIT」の国内での提供を開始し、日本語での試験の他、英語版・中国語版の試験を提供しています。
2015年より、インドの大学向けにGAITの展開を始め、シンガル大学やベロール工科大学など、2018年3月までに40校以上の大学が受験しました。
受験者数では、2018年3月末までに31,314名が受験しています。3年間での受験者数3万人への到達は、日本企業での受験よりも速いペースでの達成となります。

GAITを導入したシンガル大学キャリアセンター担当者のジャエシュ・ミナセ氏は、「GAITでは、受験後に学生一人ひとりのIT 7分野の知識の強み・弱みをスコアで把握することができます。このスコアは、学生の今後の学習への導きを与えてくれるものとなるでしょう」と述べています。

インドにおいて、高等教育機関におけるIT教育は、日本に比べ大幅に発展しています。一方で、企業は採用活動の中で、出身大学を大きく評価することが多く、高いITスキルをもつ学生であっても、就職先企業の選択の幅が狭まるという現状があります。

GAITでは、一度の試験で7分野22カテゴリのスキルを測ることができ、毎年問題が更新されるため、学生は今企業が求めているスキルを証明することができます。GAITのスコアを活用することで、優秀なインド人学生の活躍を推進することが期待できます。

また、日本企業においては、エンジニア不足が年々深刻化し、海外人材の採用を視野に入れる企業が増えています。しかしながら、エンジニアの実力を正確に見極めることが難しく、採用のミスマッチが起こることが問題となっています。この際に、日本でも活用が広がっているGAITでスキルを評価することで、エンジニアの実力を客観的に見極め、共通の指標で判断することが可能となり、効果的な採用が可能となります。

これまでインドの大学生向けには無償での提供となっていましたが、今後は、有償での試験提供も視野に入れています。また、インドの学生と、エンジニア不足に悩む日本の企業を結び付けることを目的に、日本企業向けの人材紹介サービスの提供を予定しております。

■ITスキルアセスメント「GAIT」について
GAIT(Global Assessment of Information Technology)は、日本サード・パーティ株式会社により開発され、2012年より提供されています。
ITの7分野(データベース、OS、アプリケーション、ストレージ、セキュリティ、ネットワーク、仮想化)のスキルを一つの試験で受験することができ、990点満点で、分野別にスキルを可視化することができます。

GAITの詳細は、下記をご覧ください。

■ITスキルアセスメント「GAIT」
https://www.gait.org/

■どう評価する?どう把握する?グローバル環境におけるITエンジニアのスキル
https://www.jtp.co.jp/special/003-gait/

■本リリースに関するお問い合わせ先
日本サード・パーティ株式会社 コーポレートコミュニケーション室
TEL:03-6408-1688 FAX:03-6859-4797
E-mail:pr@jtp.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る