• トップ
  • リリース
  • 日本のベンチャー市場においてM&Aイグジットが増加中!「ベンチャー企業M&Aセミナー 〜IPOかM&Aか〜」

プレスリリース

株式会社日本M&Aセンター

日本のベンチャー市場においてM&Aイグジットが増加中!「ベンチャー企業M&Aセミナー 〜IPOかM&Aか〜」

(DreamNews) 2018年03月23日(金)09時00分配信 DreamNews

中堅・中小企業の“M&A仲介実績No.1”の株式会社日本M&A センター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅 卓)は、2018年4月に東京と大阪にて≪ベンチャー企業M&Aセミナー 〜IPOかM&Aか〜≫を開催いたします。

積極的なM&Aにより会社を急成長させている株式会社じげん最高財務責任者を招き、同社の考えるM&A戦略に関する講演を行います。また、最新のベンチャー企業のM&A動向や、今後のベンチャー業界の展望、M&AとIPOの比較をなどについて解説いたします。

アメリカではイグジットの9割以上がM&A
米国ではベンチャー市場において、圧倒的にM&Aによるイグジットの件数が多く、その割合は9割以上となっています。M&AはIPOと比べると、数年かかる上場準備や多額の上場コストが不要で、買い手との相性によっては企業価値がより高く評価されたり大きなシナジーが生まれたりします。また長期的な戦略に基づいた柔軟な経営が可能になるなど、様々なメリットがあり、日本のベンチャー市場においてもM&Aイグジットが増えていくと弊社は予測しています。

当セミナーでは、第1部、株式会社じげん CFO(最高財務責任者) 寺田 修輔 様が「上場大手ベンチャー企業のM&A戦略」と題し、【M&Aを積極的に活用するじげん社のM&A戦略とは?】、【M&Aを成功に導くPMIの秘訣とは?】などについて語ります。第2部では、「ベンチャー経営者必見! 次世代を担うベンチャー企業のM&A戦略」と題して日本M&Aセンター 常務取締役 大山 敬義が、【ベンチャー企業のM&Aは今なぜ活発か?】、【M&Aで会社・事業を成長させるには?】などのテーマで業界動向を解説いたします。第3部では、「10年後のベンチャー業界」と題して日本M&Aセンター 執行役員 業界再編部長 渡部 恒郎と業界再編部 上席課長 IT・ソフトウェア業界責任者 瀬谷 祐介が【10年後のベンチャー業界はどうなっているか】などについて説明いたします。


ベンチャー企業M&Aセミナー 〜IPOかM&Aか〜 開催概要(詳細)

【名称】ベンチャー企業M&Aセミナー 〜IPOかM&Aか〜
【主催】株式会社日本M&Aセンター
【日程】2018年4月9日(月)日本M&Aセンター東京本社セミナールーム(千代田区丸の内1-8-2)
    2018年4月11日(水)日本M&Aセンター 大阪支社 セミナールーム(大阪市北区角田町8-1)
【時間】18:00〜21:00(受付開始 17:30〜)
【参加費】無料

【プログラム】
第1部:上場大手ベンチャー企業のM&A戦略
・M&Aを積極的に活用するじげん社のM&A戦略とは?
・M&Aを成功に導くPMIの秘訣とは?
・魅力的な提携先パートナーの条件とは何か?

講師:株式会社じげん CFO(最高財務責任者) 寺田 修輔 様

東京大学経済学部卒業後、2009年、シティグループ証券入社。株式調査業務、財務アドバイザリー業務に従事し、2014年より不動産チームヘッド。2016年、経営戦略部部長としてじげん入社。現在はCFOとして経営戦略部、経営管理部を率い、投資、経営企画財務、IR、会計、経理、法務の責任者を務める。2016 Thomson Reuters Analyst Awards Japan 1位(家庭用耐久財収益予想部門)。Chartered Financial Analyst (CFA協会認定証券アナリスト)。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。


第2部:ベンチャー経営者必見! 次世代を担うベンチャー企業のM&A戦略
・ベンチャー企業のM&Aは今なぜ活発か?
・M&Aで会社・事業を成長させるには?
・M&Aで失敗しないためには?
・M&Aの成功の秘訣とは?

講師:日本M&Aセンター 常務取締役 大山 敬義



1991年日本M&Aセンターの設立に参画。同社初のM&Aコンサルタントとなる。以来26年にわたり100件以上のM&A案件の成約実績をもつ。実家が営んでいた会社が廃業した経験から、熱意をもって企業のM&A・再生に取り組む。News picksのpro pickerとしても有名。著書に「まんがでわかる オーナー社長のM&A」(すばる舎)・「社長!あなたの会社、じつは…高く売れるんです!!」(すばる舎)がある。


第3部:10年後のベンチャー業界
・10年後のベンチャー業界はどうなっているか
・M&AとIPOのどちらを選択すべきか
・具体的なベンチャー企業M&A成約事例を紹介

講師:日本M&Aセンター 執行役員 業界再編部長 渡部 恒郎

京都大学経済学部在学中に入社したベンチャー企業でNo.2となり、関連会社を設立、取締役就任。卒業後、日本M&Aセンターに入社。2016年、新たに業界再編部を立ち上げ、わずか2年で売上25億円を超える部署に育て上げる。2017年、同社史上最年少で執行役員に就任。著書に『業界メガ再編で変わる 10年後の日本』(東洋経済新報社、2017年)、『「業界再編時代」のM&A戦略―No.1コンサルタントが導く「勝者の選択」』(幻冬舎、2015年)がある。


講師:日本M&Aセンター 業界再編部 上席課長 IT・ソフトウェア業界責任者 瀬谷 祐介

大手金融機関を経て株式会社日本M&Aセンターに入社。以来IT業界のM&A責任者として、全国のIT企業経営者とともに数多くの友好的なM&A、事業承継を実現。これまでのM&A成約関与実績は50件以上。IT企業のM&A支援実績も豊富で、IT経営に関する知識も深い。


【セミナーの詳細・申込・お問い合わせ】
Webから(24時間受付中) ⇒https://www.nihon-ma.co.jp/seminar/t_venture.html
セミナー申込受付専用電話から(受付時間:平日9:00-17:30) ⇒0120-169-785
=====================================
【株式会社日本M&Aセンター】概要
■社名:株式会社日本M&Aセンター
■設立: 1991年4月
■所在地:東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング24階
■電話: 03-5220-5454(代表)
■代表者:代表取締役会長 分林 保弘
代表取締役社長 三宅 卓
■事業内容 M&A(企業譲渡・譲受)支援業務
■ホームページ: https://www.nihon-ma.co.jp/
■日本M&Aセンターの特徴:
・中堅・中小企業のM&A支援実績は業界No.1の累計4,000件。
・東証一部上場、M&A専門コンサルタント250名超体制。
・企業の「存続と発展」を目的とした友好的M&Aを全国で支援。
・全国の地方銀行9割、信用金庫8割、700超の会計事務所と提携し、国内最大級のM&A情報ネットワークを構築


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る