• トップ
  • リリース
  • PLAYLIFEとティー・ゲートが連携、 「旅の発見×PLAYLIFE」京都府相楽郡和束町の地域活性化PRを実施!

プレスリリース

プレイライフ株式会社

PLAYLIFEとティー・ゲートが連携、 「旅の発見×PLAYLIFE」京都府相楽郡和束町の地域活性化PRを実施!

(DreamNews) 2018年02月01日(木)10時00分配信 DreamNews

プレイライフ株式会社は、KNT―CTホールディングス株式会社のグループ会社で、旅先や日帰りの楽しい過ごし方を提案する日本最大級のテーマ別・予約型トラベルサイト「旅の発見」を運営する株式会社ティー・ゲートと連携して、京都府相楽郡和束町の地域活性化を目的とした 「旅の発見×PLAYLIFE」の和束町PRページを2月1日(木)10時に「PLAYLIFE」サイト内にオープン致します。

 プレイライフ株式会社( 本社:東京都港区 代表取締役CEO:佐藤太一、以下、PLYLIFE)は、KNT―CTホールディングス株式会社のグループ会社で、旅先や日帰りの楽しい過ごし方を提案する日本最大級のテーマ別・予約型トラベルサイト「旅の発見」を運営する株式会社ティー・ゲート(本社:東京都千代田区、社長:甲斐聖一、以下、ティー・ゲート)と連携して、京都府相楽郡和束町(町長:堀忠雄)の地域活性化を目的とした 「旅の発見×PLAYLIFE」の和束町PRページを2月1日(木)10時に「PLAYLIFE」サイト内にオープン致します。
和束町は京都府南部に位置する山間の町で、町の基幹産業であるお茶は京都府における栽培面積の40%を占める宇治茶の一大主産地です。この茶畑の風景は京都府景観資産地登録第一号となり、その後「日本で最も美しい村」連合に加盟、さらに2015年には文化庁の「日本遺産」にも認定されました。
 和束町ではこれらの観光資源を活かし、多くの人々に町の魅力をさらに日常的に感じてもらうことを目的に、サテライトオフィスやコワーキングスペースとして活用できる施設「和束町スマートワーク・イン・レジデンス」を本年3月に開設致します。
 KNT―CTホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:丸山骼i)のグループ会社である、株式会社近畿日本ツーリスト関西(本社:大阪市浪速区、社長:三田周作、以下、KNT関西)は、開設予定の施設内にKNT関西・京都支店(団体旅行専門店)のサテライトオフィスをオープンし、自然豊かな環境下のコワーキングスペースで働くことに関する実証実験を行いつつ、スペース活用のプロモーション等を含め、和束町と共に同町のさらなる地域活性化に取り組む運びとなりました。
 今回はその地域活性化の取り組みとして、和束町の観光資源を活かした町の魅力をリアルな若者目線で発信するために、ティー・ゲートと連携して遊びのコーディネート/プロデュースを実施しました。
※サイクリングプランhttps://play-life.jp/plans/19294
※お茶体験満喫プランhttps://play-life.jp/plans/19295
 これらのサイトから「PLAYLIFE」の中心ユーザーである若年層・女性層に対しても和束町での「遊び方」をリアルに伝えることが可能となるため、和束町を訪れる新規顧客層の拡大にも取り組んでまいります。

 PLAYLIFEは、「日本創生」をミッションに掲げ、150名の遊びのプランナーと300万人を超えるユーザーのリアルなノウハウを活かして、遊びで人と地域を繋げる活動を積極的に行ってまいります。


【PLAYLIFEについて】
「PLAYLIFE」はユーザーが実際に体験し、楽しかった体験を遊びのノウハウとしてプラン化することで、あそび情報を検索・共有・投稿できる体験共有サイトです。実名制による信頼性の高い情報を提供し、体験者でしか知り得ないノウハウや1日の過ごし方をトータルコーディネートした情報を得ることができ、遊びをもっと楽しく便利にするサービスです。
サイトURL : http://play-life.jp/

-会社概要-
【会社名】  プレイライフ株式会社(http://playlife.co.jp/info
【所在地】  東京都港区南青山1丁目10-6ファミリー青山ビル5F
【代表者】  代表取締役CEO 佐藤 太一
【事業内容】 ソーシャルメディアの企画・開発・運営
〈問い合わせ先〉
広報担当(佐藤)  info@play-life.jp 03-6447-0760


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る