• トップ
  • リリース
  • SDカードハードディスク化・高速化ドライバ「F2Dx1」を出荷開始。タブレット、ノートPCの容量増設を実現!

プレスリリース

有限会社電机本舗

SDカードハードディスク化・高速化ドライバ「F2Dx1」を出荷開始。タブレット、ノートPCの容量増設を実現!

(DreamNews) 2018年01月05日(金)10時00分配信 DreamNews

電机本舗はリムーバブルメディア(SDカード、CFカード)をハードディスクとして認識させる高速化特殊ドライバ「F2Dx1」を出荷開始しました。 ハードディスク化するだけでなくキャッシュメモリによる高速化とNANDフラッシュのリフレッシュを同時に実現します。

報道関係者各位
プレスリリース


有限会社電机本舗はSDカード、CFカードといったリムーバブルメディアをハードディスクとして認識させる高速化特殊ドライバ「F2Dx1」を2017年12月27日に出荷開始しました。
「F2Dx1」はリムーバブルメディアをハードディスク化するだけでなく、余剰メモリをキャッシュにして高速化しPC,タブレットを高性能化します。
フラッシュメディアのデータ保持保障期間は一般的には1年〜3年程度です。「F2Dx1」はフラッシュメディアのリフレッシュ機能を備え信頼性の高いフラッシュメディアのハードディスク化機能を提供します。
本出荷に合わせて総販売代理店、特約店を募集します。


1.SD・CFカードをハードディスク化


タブレット、ノートPCのSDカードスロットをハードディスクスロットに変更します。
Windows上にフラッシュメディアがローカルディスクとして表示します。

※SDIO規格のSDスロットには使用できません、注意ください。SDIOとはWiFiなどを内蔵可能なSDカードの仕様です。SDIOの確認はPCの製品カタログを確認するか、本製品の試用版に て動作確認のうえ購入を検討ください。


2.余剰メモリをキャッシュにして、高速化を実現!



ハードディスク化したSDカードをさらに高速化します。
フラッシュメディアで特に問題となる書き込み速度が劇的に高速化します。

3.フラッシュメディアをリフレッシュし最良の状態を保ちます



フラッシュメディアはリフレッシュしないと徐々に電気が抜けていきます。
フラッシュメディアのデータ保持モデルは穴が開いており漏水しているバケツと同じです。
SDカードのデータ保持保障期間は3年と言われています。
フラッシュメディアは数年かけてゆっくり保持する水が抜けていくバケツに表現できます。
バックアップを取った後、フラッシュメディアをフォーマットしなおしてデータを書き戻してフレッシュするのが一般的です。
F2Dx1はワンタッチでフラッシュメディアのファイルを上書きして簡単操作でリフレッシュを実現します。
ハードディスク化した後、安心してデータを保存できます。



フラッシュメディアの分析機能と連動して効率的にリフレッシュします。
アクセスの遅いファイルを狙い打ち、無条件にリフレッシュを選択できます。

定期的にフラッシュメディアをリフレッシュできるようスケジューラを実装しています。
スイッチをONにすると半年ごとにリフレッシュを促すダイアログを表示できます。
F2Dx1は肌理の細かいケアを提供します。


【基本情報】 
http://dnki.co.jp/w2/2016/06/13/f2d%e7%b7%8f%e5%90%88/
2017年12月27日販売開始
最新Version 6
定価: SDカードハードディスク化・高速化ドライバ「F2Dx1」1ライセンス版
メーカー希望小売価格3,999円
現在Vectorにて 出荷開始キャンペーン特価1,999円で販売中

【動作環境】 
・Windows 7, 8, 8.1,10版は 32bit / 64bit に対応。XPは32bit版に対応
・空きメモリ512Mバイト以上
・ディスク容量200Mバイト

【本件に関するお問い合わせ先】
有限会社電机本舗
TEL   : 03-5449-7057(13:00〜17:00)
FAX   : 03-3447-2775
E-mail : http://dnki.co.jp/w2/2016/06/15/mail/
郵便番号108-0074
東京都港区高輪1-2-16-6A


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る