• トップ
  • リリース
  • 「化粧品顔料の世界市場:2022年に至るタイプ別、用途製品別予測」調査レポート刊行

プレスリリース

リサーチステーション合同会社

「化粧品顔料の世界市場:2022年に至るタイプ別、用途製品別予測」調査レポート刊行

(DreamNews) 2017年12月29日(金)10時00分配信 DreamNews

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「化粧品顔料の世界市場:2022年に至るタイプ別、用途製品別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
化粧品顔料の世界市場規模は2017年の5億5030万ドルから今後2022年には7億9000万ドル市場に拡大すると予測されます。当レポートでは、2022年に至る化粧品顔料の世界市場予測(市場規模US$、量ベースTon)、組成別市場(有機顔料、無機顔料)、タイプ別市場(特殊効果顔料、表面処理顔料、顔料微粒化、天然着色剤)、用途別市場(フェイスメイク、アイメイク、リップ用製品、ネイル用製品、ヘアカラー製品、特殊効果/特別目的用製品、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業25社プロフィール動向などの情報も交えて、化粧品顔料市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
化粧品顔料の世界市場:2022年に至るタイプ別、用途製品別予測
Cosmetic Pigments Market by Composition (Organic, Inorganic), Type (Special Effect, Surface Treated, Nano), Application (Facial Makeup, Eye Makeup, Lip Products, Nail Products, Hair Color Products), and Region - Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/8/Cosmetic_Pigments_2022_MAM877.html

【レポート構成概要】
◆ 化粧品顔料の世界市場予測2015-2022年
・市場規模(US$)
・量ベース(Ton)

◆ 組成別、市場-2022年
・有機顔料
・無機顔料
(※市場規模US$、量ベースTon)

◆ タイプ別、市場-2022年
・特殊効果顔料
・表面処理顔料
・顔料微粒化(ナノ分散)
・天然着色剤
(※市場規模US$、量ベースTon)

◆ 用途別、市場-2022年
・フェイスメイク
・アイメイク
・リップ用製品
・ネイル用製品
・ヘアカラー製品
・特殊効果/特別目的用製品
・その他
(※市場規模US$、量ベースTon)

◆主要国地域別市場-2022年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、英国、フランス、イタリア
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド、韓国
・その他アジア太平洋
中東アフリカ
・サウジアラビア、南アフリカ
・その他中東アフリカ
南米
・ブラジル、アルゼンチン
・その他南米
※ 国地域ごとに用途別についての細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・ファイブフォース分析
・競合状況

◆ 化粧品顔料の主要企業プロフィール動向
・SUN CHEMICAL
・SENSIENT COSMETIC TECHNOLOGIES
・MERCK PERFORMANCE MATERIALS
・SUDARSHAN
・KOBO PRODUCTS
・BASF SE
・CLARIANT
・GEOTECH
・HUNTSMAN
・LANXESS

[OTHER KEY PLAYERS]
・KOEL COLOURS
・LI PIGMENTS
・ECKART (ALTANTA)
・CHEM INDIA PIGMENTS
・YIPIN PIGMENTS
・日本光研工業株式会社
・NUBIOLA
・DAYGLO COLOR
・ELEMENTAL SRL
・KOLORTEK
・IMPACT COLORS
・東色ピグメント株式会社
・NEELIKON
・三好化成株式会社
・TOYAL EUROPE

(全130頁)


【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/8/Cosmetic_Pigments_2022_MAM877.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2017年12月27日

★関連レポート
「着色剤の世界市場:タイプ別・需要家別2022年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/5/Colorants_2022_MAM595.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る