• トップ
  • リリース
  • キリスト教は本当に日本人のためになるのか? 臼井真幸 著 『もし、キリストが聖書を読んだらどう思うか』好評発売中!

プレスリリース

株式会社幻冬舎ルネッサンス新社

キリスト教は本当に日本人のためになるのか? 臼井真幸 著 『もし、キリストが聖書を読んだらどう思うか』好評発売中!

(DreamNews) 2017年12月29日(金)15時00分配信 DreamNews

株式会社 幻冬舎ルネッサンス新社は、12月24日に臼井真幸 著『もし、キリストが聖書を読んだらどう思うか』を発売いたしました。


日本人が知ってるようで知らない世界最大規模の宗教。
その本質を現代社会と照らし合わせ徹底検証、大解説。

世界最大規模の宗教「キリスト教」。
しかし大半の日本人は年に一度の行事、クリスマスにしかこの宗教のことを意識しません。
「キリスト教」は日本人にとってどんな宗教なのか? 
果たして、信仰して役に立つ宗教なのか?
現代日本の状況と照らし合わせ、徹底解説する痛快の書!


目次

第一章 もし、キリストの母のマリアが、売春婦だったら
第二章 もし、キリストの父のヨセフが、キリストを育てなかったら
第三章 もし、キリストが、日本のサラリーマンだったら
第四章 もし、キリストが、日本の総理大臣だったら
第五章 もし、キリストが、日本の宣教師だったら



著者プロフィール
臼井 真幸 (うすい まさゆき)
大聖年(ヨベルの年)の贖罪の日(定義は旧約聖書「レビ記」25:9-11にあります)に日本で生まれ、
二歳でカトリックの洗礼を受け、いろいろな教会体験を経て現在はプロテスタントの教会に通っているカトリック教徒。日本とアメリカで教育を受け、日本とアメリカでサラリーマン生活を送り、日本とアメリカの金融恐慌をもろに体験。
家族が皆アメリカ人で感覚は国際的だが、ゴルフ、麻雀、カラオケ、スキー、テニスなど一切できず、
ジーパンを履いたことと神の存在を疑ったことがないほかは普通の日本人。



■書籍紹介

書 名 :『もし、キリストが聖書を読んだらどう思うか』
著 者 :臼井 真幸
定 価 :864円(本体価格800円+税)
発行日 :2017年12月24日
判 型 :新書、186頁
発行元: 株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
発売元: 株式会社幻冬舎
ISBN : 9784344914865


■販売サイト

・アマゾン⇒ https://www.amazon.co.jp/dp/4344914864/
・紀伊国屋書店ウェブストア⇒ https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784344914865
・honto⇒ https://honto.jp/netstore/pd-book_28835827.html



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る