• トップ
  • リリース
  • 日本サード・パーティ、世界で活躍するヒューマノイドロボット「Sanbot Elf」の取り扱いを開始

プレスリリース

日本サード・パーティ株式会社

日本サード・パーティ、世界で活躍するヒューマノイドロボット「Sanbot Elf」の取り扱いを開始

(DreamNews) 2017年11月28日(火)10時00分配信 DreamNews

日本サード・パーティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)は中国のQihan Technology社が提供するヒューマノイドロボット「Sanbot Elf」(サンボット エルフ)の取り扱いを2017年11月22日に開始し、同製品の日本初の販売代理店となりました。

日本サード・パーティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)は中国のQihan Technology社が提供するヒューマノイドロボット「Sanbot Elf」(サンボット エルフ)の取り扱いを2017年11月22日に開始し、同製品の日本初の販売代理店となりました。

Qihan Technology社は中国の深センに本社を置くロボットメーカーで、同社の提供するSanbot Elfは全世界ですでに多くの販売実績があるヒューマノイドロボットです。

Sanbot Elfは頭部に高性能な3Dカメラ、胸部に情報の入出力のためのタッチスクリーン、脚部に移動用のホイールを装備します。そのため、自由に移動しながら人とのコミュニケーションをとることができます。また、Sanbot Elfのために用意された共通アプリケーションプラットフォーム「Q-Link」を通じて、遠隔操作や映像の確認、家電制御など多くの機能が利用できます。さらに、バッテリーの使用量に応じてSanbot Elf自身が自動で充電機まで戻り給電するため、充電に人の手がかかることもありません。これらの機能を利用することで、人員を配置する莫大なコストのかかる警備ロボットや、店舗・展示会での案内・誘導用ロボットとして大きな需要を見込んでいます。

JTPはヒューマノイドロボット「NAO」のエンジニアリングサービス、販売を2015年から行っており、日本国内では最大の販売実績を持ち、その経験から生まれた豊富な知見とノウハウを活用し、お客様ごとのビジネスに合わせたSanbot Elfの提供を行います。

<Sanbot Elfの詳細>
■価格イメージ

・販売価格(税抜)
 一般販売価格 998,000円
・レンタル価格(税抜)
 1週間〜 120,000円〜

■スペック

寸法: 高さ 90.2cm 幅 42.1cm 奥行き 33.1cm
重量: 19kg
可動部品:頭、腕、脚(ホイール)
HD カメラやマイク、Wi-Fi 、Bluetooth機能などを搭載し、頭、胸部、腕、脚部にはタッチセンサーやジャイロスコープセンサー、障害回避センサーなどを装備します。
10.1インチの胸部ディスプレイを搭載し、頭部にはプロジェクターを用意。駆動時間約 4 時間(スタンバイ時約 10 時間)の大容量バッテリーを装備します。

■サポート内容

故障時の無償修理(保証期間:1年)
※2年目以降は別途サポート契約(有償)の締結が必要です。

Sanbot Elfの詳細については製品サイトをご確認ください。
https://www.jtp.co.jp/services/robotics/sanbot-elf/

Sanbot Elfのパンフレットはこちらからダウンロード可能です。
https://www.jtp.co.jp/jp-doc-download/sanbot-elf-brochure/

■製造元Qihan Technology社について

QIHAN Technology Co. Ltd.
32nd & 33rd Floor, Block B, China National Offshore Oil Building, No.3168 Houhaibin Road, Nanshan District, Shenzhen, China, 518000
http://www.qihan.cn/en/index

※本リリース中に記載の製品名等は各社の商標又は登録商標である場合があります


■本リリースに関するお問い合わせ先

日本サード・パーティ株式会社 マーケティング室
TEL:03-6408-1688 FAX:03-6859-4797
E-mail:pr@jtp.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る