プレスリリース

Cylance Japan株式会社

富士通がサイランス製品を取り扱い開始

(DreamNews) 2017年12月01日(金)12時00分配信 DreamNews

Cylance(R)Inc.は、富士通株式会社がサイランス製品の取り扱いを開始したことを発表しました。富士通は、サイランスの日本法人であるCylance Japan株式会社と連携し、AIを活用してエンドポイントでマルウェアの実行を未然に防ぐAIアンチウイルス製品「CylancePROTECT(R)」を富士通のサイバー攻撃対策のウイルス対策ソリューションとして11月30日から販売を開始しました。

Cylance(R)Inc.(本社:米国カリフォルニア州アーバイン、Chairman and CEO:Stuart McClure、以下サイランス)は、富士通株式会社(以下、富士通)がサイランス製品の取り扱いを開始したことを発表しました。富士通は、サイランスの日本法人であるCylance Japan株式会社(本社:東京都千代田区、社長:金城盛弘、以下 サイランス)と連携し、AI (人工知能) を活用してエンドポイントでマルウェアの実行を未然に防ぐAIアンチウイルス製品「CylancePROTECT(R)」を富士通のサイバー攻撃対策のウイルス対策ソリューションとして11月30日から販売を開始しました。

CylancePROTECTは、アルゴリズムサイエンスとAI(人工知能)のパワーを活用する革新的な機械学習リサーチプラットフォームで、ファイルごとに 何百万もの特性を解析・分類し、DNAレベルまで分解して、そのオブジェクトが「良性」か「悪性」かをリアルタイムで判断し、有害なコードが実行されるのを未然に阻止するAIアンチウイルスです。

富士通は、自社の持つシステムインテグレーションのスキルと経験を活かし、幅広い業種のお客様をターゲットとして、お客様システムのエンドポイントセキュリティ強化を目的にサイランス製品を販売します。サイランスの新しいテクノロジーを組み合わせることでエンドポイントで未知のマルウェアを検出できるようになり、多層防御のソリューションを一層強化することを狙います。

エンドースメント
「この度、弊社の提供するセキュリティ関連製品のポートフォリオを拡大し、新たなソリューションとしてサイランス製品をお客様に提供できることを喜ばしく思います。お客様の様々な課題やニーズにお応えしていく中で、より強固なセキュリティを備えたIT環境のご提案、構築が可能になるものと確信しています。」
富士通株式会社 プラットフォームソフトウェア事業本部ISVセンター長 高田康宏


「この度、セキュリティ製品とサービスの開発・提供で実績のある富士通様にサイランス製品のお取り扱いを開始いただいたことを大変光栄に思います。富士通様との協業で、より一層多くのお客様の安心・安全な環境構築を目指して邁進してまいります。」
Cylance Japan株式会社 取締役社長 金城盛弘

富士通株式会社、CylancePROTECT 製品Webサイト
http://www.fujitsu.com/jp/products/software/partners/partners/cylance/index.html


Cylance Inc.について
サイランスは、人工知能(AI)、アルゴリズム技術、および機械学習をサイバーセキュリティに応用し、高度なセキュリティ問題を未然に解決することを可能にした初の企業です。CylancePROTECT(R)は、画期的な予測分析プロセスによって、安全か脅威かを迅速かつ正確に識別し、標的となったシステムで有害なコードが実行されるのを阻止します。洗練された機械学習とAIを攻撃者の心理に関する独自の見識と組み合わせ、高度な脅威に対して真の予測および防御が可能なテクノロジーとサービスを提供します。詳しくは、下記Webサイトをご参照ください:https://www.cylance.com/jp

Cylanceのプレスリリースと最新ニュースは下記のWebサイトをご覧ください。
https://www.cylance.com/jp-company-news-press-releases

Cylance Japanのソーシャルメディア
Facebook:https://www.facebook.com/CylanceJapan/
Twitter:https://twitter.com/CylanceJapan


*Cylance(R) および CylancePROTECT(R) は、米国および諸外国における Cylance Inc. の登録商標または商標であり、その使用には事前の書面による許可が必要になる場合があります。その他の商標の所有権は各所有者に帰属します。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る